« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!③東電の武黒フェローが事実をねじまげて吉田所長に伝えた? | トップページ | 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!⑤「総理大臣の陰謀」ついに核心に! »

2014年9月16日 (火)

「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!④「海水注入」2回目の会議はなぜか「疑惑の人物」柳瀬唯夫が司会した

 東電が渋々公表した「東電テレビ会議」はなぜか、武黒一郎フェローの愚痴、管直人批判から始まっている。

 
Photo_8
 
<「イラ菅」という言葉があるけれども、まあ、とにかくよく怒るんだよねえ。私も6、7回どつかれましたけど。>
 
 周辺住民に対する考え方は。
 
<さんざん、ぎゃあぎゃあ言うわけです。>
 
<結局のところ何もやらないよりはいいかなってんで、3キロの範囲になったと。>
 
<今日は20キロということですけども>
 
<もしそれで違っていたらどうするんだというようなことでいイーハンか、リャンハンがついちゃうと>
 
Photo_9
 
 今すぐこいつを逮捕せよ!!
 
 引用を続けます。
 
Photo_10
 
<官邸では、武黒と東電側の一連のやり取りを知らなかった。
 
 武黒がそんなやりとりをしている頃、柳瀬に官邸職員が近づいて来て言った。
 
「何とかしてくれ。結論が出なくなったら大変だ」
 
 たまたま官邸に来ただけだった柳瀬は「何で俺に言うんだよ」と思った。だが「誰がどうのと言っていると大変なことになっちゃう。危機管理はスピードが命だ」と思い直して引き受けた。
 
 菅が口にしていた論点を「総理の疑問点一」「総理の疑問点二」と、三~四項目に整理して書き出していった。>
 
 なんと、疑惑の人物、柳瀬唯夫が「海水注入」に関する二回目の会議の司会をすることになった。
 
Photo_11
 
 柳瀬唯夫は「管直人が海水注入を承諾していた」ことを知っていた。
 
<会議はよどみなかった。
 
 菅はそれぞれの説明に「分かった。それでいいよ」と答えた。
 
 柳瀬は「海水注入をためらうような議論は一切無かった。東電の武黒さんも『当然だ』という感じだった。>
 
Photo_12
 
<全く異論は無かった。総理が納得して終わり。あの中で海水注入をためらうのは、あり得ない」と振り返る。
 
 午後七時五五分、菅は海江田に海水注入をするように指示した。その後、海水注入開始が菅に報告されることになった。
 
 以上が、後に「首相が海水注入を止めた」と野党から批判されることになる騒ぎのいきさつだ。>
 
 こう書いたから木村英昭記者は潰された。
 
 なぜか?
 
 そのひと月半後。現総理がとんでもないウソをついたからだ。
 
Photo_13

|

« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!③東電の武黒フェローが事実をねじまげて吉田所長に伝えた? | トップページ | 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!⑤「総理大臣の陰謀」ついに核心に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57395784

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!④「海水注入」2回目の会議はなぜか「疑惑の人物」柳瀬唯夫が司会した:

« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!③東電の武黒フェローが事実をねじまげて吉田所長に伝えた? | トップページ | 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!⑤「総理大臣の陰謀」ついに核心に! »