« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!⑥「総理大臣の陰謀」安倍晋三の大ウソをそのまま報道した読売新聞こそ、この記事を取り消せ!! | トップページ | びっくり!SPEEDI情報は管直人より先に米軍に伝えられていた!!「半径80キロ圏」の真実 »

2014年9月16日 (火)

「朝日新聞の一番星」木村英昭記者抹殺の理由「この一連の経緯を尋ねようと安倍に取材を申し込んだが、返事は無い」

 完結編です。

 
 木村英昭記者は疑惑の柳瀬唯夫、安倍晋三取材に向かいます。
 
 以下、引用。
 
Photo_20
 
<柳瀬に「あなたが安倍さんに情報をリークした黒幕と言われていますが、本当ですか?」と尋ねた。
 
 柳瀬の答えはこうだ。
 
「まず安倍さんと話したこともありません。突然、僕の携帯に記者から電話が掛かってきて『総理が海水注入を止めさせたんですか?』『止めろと言ったんですか?』という問い合わせがありました。海水を入れていることを知らないのに、海水を止めろ、なんて言うはずがない。多くの記者が『安倍さんが、詳しいことはそこにいた(保安院長の)寺坂か、柳瀬に聞いたら分かると言っている』と言ったそうです。寺坂さんはその時、官邸にいませんでした。僕は『安倍さんの言っていることは嘘です』と言いました。記者の問い合わせに『ありません』と言下に否定した。そしたら、みんなつまらなそうに電話切るんです。余りにも心外です。ホント冗談やめてくれ、ふざけるな、っていう感じですよ」(カッコ内は筆者)
 
 この一連の経緯を尋ねようと安倍に取材を申し込んだが、返事は無い。>
 
 2012年12月16日。不正選挙。
 
Photo_21
 
 この本が本屋に並んだまま、安倍晋三は首相の座に返り咲いた。
 
Photo_22

|

« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!⑥「総理大臣の陰謀」安倍晋三の大ウソをそのまま報道した読売新聞こそ、この記事を取り消せ!! | トップページ | びっくり!SPEEDI情報は管直人より先に米軍に伝えられていた!!「半径80キロ圏」の真実 »

コメント

Nobody can do a better job than you.

投稿: fifa 15 coins | 2014年10月 6日 (月) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57402018

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者抹殺の理由「この一連の経緯を尋ねようと安倍に取材を申し込んだが、返事は無い」:

« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!⑥「総理大臣の陰謀」安倍晋三の大ウソをそのまま報道した読売新聞こそ、この記事を取り消せ!! | トップページ | びっくり!SPEEDI情報は管直人より先に米軍に伝えられていた!!「半径80キロ圏」の真実 »