« ウクライナ「崩壊」連立政権の敵は「親露派」だけではない!「右派セクター」がキエフ政府に宣戦布告! | トップページ | 日本の原発発電力の24分の1 1時間分を担っていたニジェールに発電所はひとつもない!http://www.comment-niger.org/information »

2014年9月 5日 (金)

ニジェール政府と仏アレバ社とのウラン鉱山契約がついに決着 現在開発中のイムラーレンの新鉱山についてはウラン価格の下落のために採算性の問題があり、計画を一時中断

<昨年12月末に契約が終了したままになっていた、ニジェール政府と仏アレバ社とのウラン鉱山契約がついに決着しました。

ロイター通信によると、5月26日(月)に署名に至った新たな契約では、現在開発中のイムラーレンの新鉱山についてはウラン価格の下落のために採算性の問題があり、計画を一時中断することになっています。>
 
 
 2013年1月。マリ空爆に伴い、ニジェールのアレバ社所有のウラン鉱山を守るためにフランスが派兵。
 
 同年5月。ウラン鉱山で自爆テロ。
 
 操業を停止していましたが、新鉱山の開発を含め、ロスチャイルド系アレバはニジェールから手を引く、ということですよね。
 
 世界中で原子力はジ・エンド!!
 
Photo
 
Photo_2

|

« ウクライナ「崩壊」連立政権の敵は「親露派」だけではない!「右派セクター」がキエフ政府に宣戦布告! | トップページ | 日本の原発発電力の24分の1 1時間分を担っていたニジェールに発電所はひとつもない!http://www.comment-niger.org/information »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57279313

この記事へのトラックバック一覧です: ニジェール政府と仏アレバ社とのウラン鉱山契約がついに決着 現在開発中のイムラーレンの新鉱山についてはウラン価格の下落のために採算性の問題があり、計画を一時中断:

« ウクライナ「崩壊」連立政権の敵は「親露派」だけではない!「右派セクター」がキエフ政府に宣戦布告! | トップページ | 日本の原発発電力の24分の1 1時間分を担っていたニジェールに発電所はひとつもない!http://www.comment-niger.org/information »