« 「吉田調書」問題の核心 2号機ベント 風向きを無視した吉田昌郎所長が飯館村を消滅させた | トップページ | 『朝日ジャーナル』で連載開始の大月隆寛「書生の本領」が在特会広報誌ともいうべき『撃論』連載の引き継がれていた! »

2014年9月14日 (日)

おい!大月隆寛と桜井誠が表紙に並んどるやないけ!?高市早苗「ネオナチ」問題で世界に波紋を広げている雑誌『撃論』

 大月隆寛さんとは、90年代、

 
「雑誌を作ろう」
 
 と盛り上がった仲。
 
 いわば、「活字の同志」だと思っていたのに……。
 
Photo_7  
 
 競馬読本シリーズなど共著多数っていっていいと思います。
 高市早苗だってとんでもないのに、桜井誠在特会会長と同舟!?
 
 言葉がない、の二乗。
 
Photo_6

|

« 「吉田調書」問題の核心 2号機ベント 風向きを無視した吉田昌郎所長が飯館村を消滅させた | トップページ | 『朝日ジャーナル』で連載開始の大月隆寛「書生の本領」が在特会広報誌ともいうべき『撃論』連載の引き継がれていた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57369759

この記事へのトラックバック一覧です: おい!大月隆寛と桜井誠が表紙に並んどるやないけ!?高市早苗「ネオナチ」問題で世界に波紋を広げている雑誌『撃論』:

« 「吉田調書」問題の核心 2号機ベント 風向きを無視した吉田昌郎所長が飯館村を消滅させた | トップページ | 『朝日ジャーナル』で連載開始の大月隆寛「書生の本領」が在特会広報誌ともいうべき『撃論』連載の引き継がれていた! »