« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!支配層から狙われた問題文書を引用します | トップページ | 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!③東電の武黒フェローが事実をねじまげて吉田所長に伝えた? »

2014年9月16日 (火)

「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!②管直人は海水注入を了承 情報をねじまげたのは誰だ!?

 自ら経産副大臣に「官邸に行きましょう」と言った柳瀬唯夫大臣官房総務課長。

 
Photo_3
 
 自民党が送り込んだ可能性があります。
 
Photo_4
 
<斑目は改めて「早く海水を入れた方がいいです」と語った。
 
 菅はその場で、海水に含まれる塩分によって炉が腐食する可能性や燃料棒が溶けて再臨界状態になる危険性などについて質問を投げ、専門家の意見を聴いていた。>
 
 この部分が「菅が海水注入を遅らせた」というデマを生む。
 
<菅は「本当に大丈夫?」と尋ねた。>
 
<海水注入が実施の方向で検討が本格化していった。
 
 武黒は「爆発で機材が損傷を受けた。海水注入までに一時間半か二時間掛かります」と言った。
 
「準備に二時間ほど掛かるなら、その間に再臨界があるかどうかも検討しておいてくれないか」
 
 菅はその場にいた人間にそう言い渡し、二〇分ほどで散会にした。
 
 武黒が席を立った。やがて福島の現場で指揮を執る福島第一原発所長の吉田に電話を掛けた。>
 
 ここでもう一人の「疑惑の人物」が登場する。
 
Photo_5
 
武黒一郎 東電フェロー

|

« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!支配層から狙われた問題文書を引用します | トップページ | 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!③東電の武黒フェローが事実をねじまげて吉田所長に伝えた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57394510

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!②管直人は海水注入を了承 情報をねじまげたのは誰だ!?:

« 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!支配層から狙われた問題文書を引用します | トップページ | 「朝日新聞の一番星」木村英昭記者を支えよう!③東電の武黒フェローが事実をねじまげて吉田所長に伝えた? »