« 今朝の歌2 ロジャー・ウォーターズ | トップページ | 解釈改憲「日本は法治国家、民主主義国家でなくなる」小沢一郎「正気だった保守」の言葉をまったく伝えないマスコミ »

2014年8月 7日 (木)

南カリフォルニア大卒の二階堂進は戦前「日米戦争反対」を全米で唱えた ロッキード事件で「灰色高官」とされ政界引退

「パレスチナからのイスラエル軍撤退」

 
 国連議決を忠実に守れ、と主張した田中角栄、二階堂進らにヘンリー・キッシンジャーは激怒します。
 
Photo_3
 
 田中角栄は、「濃縮ウランをもっと買え」と迫るキッシンジャーに対し、「フランスからもウランを輸入する」という資源多角化外交を展開。
 
 原子力支配をめぐるロックフェラー、ロスチャイルドの「戦争」で「中立」を目指したのが、田中角栄です。
 
Photo_4
 
「ジャップは裏切り者」
 
 キッシンジャーの怒りはこの言葉に集約されています。
 
 アメリカ発の「ロッキード事件」で田中角栄は失脚。
 二階堂進も「灰色高官」として政治生命を断たれます。
 
Photo_5
 
 その一部始終を間近で見ていたのが小沢一郎。
 
 マスコミのバッシング、事件捏造により、政治の傍流に押し込まれていきました。

|

« 今朝の歌2 ロジャー・ウォーターズ | トップページ | 解釈改憲「日本は法治国家、民主主義国家でなくなる」小沢一郎「正気だった保守」の言葉をまったく伝えないマスコミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57015303

この記事へのトラックバック一覧です: 南カリフォルニア大卒の二階堂進は戦前「日米戦争反対」を全米で唱えた ロッキード事件で「灰色高官」とされ政界引退:

« 今朝の歌2 ロジャー・ウォーターズ | トップページ | 解釈改憲「日本は法治国家、民主主義国家でなくなる」小沢一郎「正気だった保守」の言葉をまったく伝えないマスコミ »