« 国家の重みを感じず生きてきたのは 名も知らぬ「おじい」「おばあ」に それを押しつけてきたからだ | トップページ | 銃剣とブルドーザーと土曜日の渋谷http://www.mag2.com/m/0001577514.html »

2014年8月 3日 (日)

「死においては、すでに賭けはなされたのであって、もはや切り札は残されていない」「地獄とは他人である」ジャン=ポール・サルトル

 競馬ダメ人間の私としては、

 
<アンガージュマン≒賭け>と訳したいですね。
 
 で、ギャンブルが「負けっぱなしの人生」を呼び込むように、
 
 サルトルの政治運動参加は、「いらんことをするな」と批判されます。
 
 典型的な世間知らず、書斎派、頭でっかちだったサルトルの著作は、今や、
 
「読むに値するものは一冊もない」とまで言われています。
 
<首相官邸前に今集まってる人って暇なん?楽しいことないん?笑>
 
 堀江貴文のツイート
 
 ↓街頭で新聞を配るサルトル
 
Photo_3

|

« 国家の重みを感じず生きてきたのは 名も知らぬ「おじい」「おばあ」に それを押しつけてきたからだ | トップページ | 銃剣とブルドーザーと土曜日の渋谷http://www.mag2.com/m/0001577514.html »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/56977081

この記事へのトラックバック一覧です: 「死においては、すでに賭けはなされたのであって、もはや切り札は残されていない」「地獄とは他人である」ジャン=ポール・サルトル:

« 国家の重みを感じず生きてきたのは 名も知らぬ「おじい」「おばあ」に それを押しつけてきたからだ | トップページ | 銃剣とブルドーザーと土曜日の渋谷http://www.mag2.com/m/0001577514.html »