« 「この命はね、もう一度は死んだ命だったんだよ。私が鳩山の車に轢かれて基地が止まるなら、それでいい。そう思ったの」島袋文子さんhttp://www.magazine9.jp/article/mikami/14063/ | トップページ | インドのウラン鉱山「ヘビのように地面を這う少年」http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8FMFJ6K50Y201.html »

2014年8月 8日 (金)

「爆弾を腰に巻いてクリントン大統領に抱きついたら、基地は止まるかね?」東恩納文子さん(故人)辺野古http://www.magazine9.jp/article/mikami/14063/

http://www.magazine9.jp/article/mikami/14063/

 

 命に代えても。
 そういうおばあは文子さんだけではない。

 辺野古の北側、瀬嵩の東恩納文子さん(故人)は沖縄サミットの時、「爆弾を腰に巻いてクリントン大統領に抱きついたら、基地は止まるかね?」と私に真顔できいた。

 「基地に反対して苦労してる息子たちが哀れでしょうがない。それで終わるなら命は惜しくない」

|

« 「この命はね、もう一度は死んだ命だったんだよ。私が鳩山の車に轢かれて基地が止まるなら、それでいい。そう思ったの」島袋文子さんhttp://www.magazine9.jp/article/mikami/14063/ | トップページ | インドのウラン鉱山「ヘビのように地面を這う少年」http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8FMFJ6K50Y201.html »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57023264

この記事へのトラックバック一覧です: 「爆弾を腰に巻いてクリントン大統領に抱きついたら、基地は止まるかね?」東恩納文子さん(故人)辺野古http://www.magazine9.jp/article/mikami/14063/:

« 「この命はね、もう一度は死んだ命だったんだよ。私が鳩山の車に轢かれて基地が止まるなら、それでいい。そう思ったの」島袋文子さんhttp://www.magazine9.jp/article/mikami/14063/ | トップページ | インドのウラン鉱山「ヘビのように地面を這う少年」http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8FMFJ6K50Y201.html »