« 動画を間違えていました 英国の核実験 アボリジニの被ばく そしてウラン鉱山 | トップページ | NHK「思い出のメロディ」HIDEKIが2度の脳梗塞を克服?わしの歌がHODEKIに似ていると言ったのは誰だ!? »

2014年8月 9日 (土)

ブッダ生誕の地の原子力災害 ウランにより「ヘビのようにされた少年」http://www.mag2.com/m/0001577514.html

一切の生きとし生けるものは

 幸福であれ 安穏であれ 安楽であれ

 一切の生きとし生けるものは幸であれ

      ブッダの言葉

 

 その土地が荒らされたとき、“Djang”という致命的な力が解き放たれ、世界中を皆殺しにするだろう

      アボリジニの伝説

 

 ウラン価格はついに、1ポンド30ドルを切った。

 広島、長崎に原爆が投下されてから69年の歳月が流れ、原子力は死の床にいる。

 しかし、被害者は捨て置かれたままだ。地獄の道連れにされた人たちのことを誰も見ようとしない。

「ここに入るな! ここは白人専用だ!」

 1953年。オーストラリア、マラリンガでイギリス軍の核実験が行われた。牧場主の家にあった地下室に逃げ込もうとしたアボリジニは追い返された。

 彼らは巨大な雲に追い立てられた。

「マモー! マモー!」

 悪魔の名を叫びながら逃げたが、頭を焼かれ、皮膚にたばこを押しつけられたときのような焼け焦げができていた。

 先住民はモルモットにされた。

「平和のための原子力」

 悪魔は新しい衣装を着てアボリジニの前に再び現れた。

「オイルショック」という巨大詐欺事件が起きた1970年代。レンジャーのウラン鉱山が操業を開始したとき、アボリジニのリーダーは、オーストラリア政府に警告した。

「その土地が荒らされたとき、“Djang”という致命的な力が解き放たれ、世界中を皆殺しにするだろう」

 アボリジニの伝説が引用されていた。

 聞く耳を持たなかった悪魔の名は「リオ・ティント」社。ロスチャイルド直系の鉱山会社である。そして、レンジャー鉱山の権益10%を握る日本の株式会社「日豪ウラン資源開発」。

 リオ・ティントを率いるギー・ド・ロスチャイルドは、ウラン価格つり上げのための闇カルテル「核の秘密クラブ」を作った。フランス、カナダ、南アフリカを巻き込んだ密約の結果……。

 ウラン価格は6倍に跳ね上がった。

「オイルショック」前、1ポンド7ドル前後だったウラン価格は40ドルを超えた。

 この数字が何よりも雄弁に物語っているではないか?

 ウラン採掘で大儲けしようとすれば、「40ドル」という価格が必要だったのだ。今から40年前の「40ドル」である。

 ついに今、ウラン価格は30ドルを割り込んだ。

 つまり、原子力は死んだ。

 

「3・11」の直後、アボリジニの長老、ユボン・マーガルラはパン・ギムン国連事務総長に手紙を出した。

<日本の原子力会社とオーストラリアの鉱山会社の長年の関係をみると、福島原発の放射能事故は、我々の土着の土地から採られたウランが、少なくとも原因の一部であるようだ。このことを我々は非常に悲しく思っている。>

 アボリジニの予言は的中した。

 日本は最も美しい国土を失った。放射能は太平洋を殺しつつある。

 2013年12月。レンジャー鉱山で100万リットルを超える汚染水が流出した。「世界遺産」カカドゥ国立公園が汚染されたのだ。

 レンジャー鉱山は操業を停止。再開のめどは立っていない。

 オーストラリアにあるもうひとつのウラン鉱山。ジャビルカ鉱山で起きたアボリジニの蜂起について、日本のマスコミはまったく報道していない。

1998年。アボリジニの呼びかけにより、数千人が鉱山を取り囲み、「封鎖」は8カ月に及んだ。

2001年。リオ・ティント社は「ジャビルカ鉱山開発を10年間凍結する」と発表。ちょうど10年後、日本で原子力災害が起きた。

 

 捨て置かれた人々はインドにもいる。

 ブッダ生誕の地といわれるジャルカンド州ジャドゥゴダの子どもたちだ。

 原爆投下から69年が過ぎようとしていた2014年7月10日、『ブルームバーグ』は伝えている。

<焼けつくような日差しがまぶしいある日の午後、サンジェイ・ゴーブ君は天井の低い泥壁の家の中で、ほこりっぽい中庭を這いずり回っていた。>

 ウランにより「ヘビのようにされた少年」の物語である。

 つづきはメルマガで

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« 動画を間違えていました 英国の核実験 アボリジニの被ばく そしてウラン鉱山 | トップページ | NHK「思い出のメロディ」HIDEKIが2度の脳梗塞を克服?わしの歌がHODEKIに似ていると言ったのは誰だ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57036181

この記事へのトラックバック一覧です: ブッダ生誕の地の原子力災害 ウランにより「ヘビのようにされた少年」http://www.mag2.com/m/0001577514.html:

« 動画を間違えていました 英国の核実験 アボリジニの被ばく そしてウラン鉱山 | トップページ | NHK「思い出のメロディ」HIDEKIが2度の脳梗塞を克服?わしの歌がHODEKIに似ていると言ったのは誰だ!? »