« 今朝の歌 ピンク・フロイド | トップページ | 今朝の歌2 ロジャー・ウォーターズ »

2014年8月 7日 (木)

「1967年戦争の全占領地からのイスラエル兵力の撤退が行われること」田中角栄内閣二階堂進談話 日本が正気だった1973年

 1973年。中東戦争を受け、田中角栄内閣は「新中東戦略」を発表します。

Photo

 以下は11月6日の二階堂進官房長官(当時)談話。

<1 わが国政府は,安保理決議242の早急,かつ,全面的実施による中東における公正,かつ,永続的平和の確立を常に希求し,関係各国及び当事者の努力を要請し続け,また,いち早くパレスチナ人の自決権に関する国連総会決議を支持してきた。

2 わが国政府は,中東紛争解決のために下記の諸原則が守られなければならない

と考える。

⑴ 武力による領土の獲得及び占領の許されざること。

⑵ 1967年戦争の全占領地からのイスラエル兵力の撤退が行われること。

⑶ 域内のすべての国の領土の保全と安全が尊重されねばならず,このための保障措置がとられるべきこと。

⑷ 中東における公正,かつ,永続的平和実現に当ってパレスチナ人の国連憲章に基づく正当な権利が承認され,尊重されること。

3 わが国政府は,上記の諸原則にしたがって,公正,かつ,永続的和平達成のためにあらゆる可能な努力が傾けられるよう要望する。わが国政府としても,もとよりできる限りの寄与を行う所存である。

わが国政府はイスラエルによるアラブ領土の占領継続を遺憾とし,イスラエルが上記の諸原則にしたがうことを強く要望する。わが国政府としては,引続き 中東情勢を重大な関心をもって見守るとともに,今後の諸情勢の推移如何によってはイスラエルに対する政策を再検討せざるを得ないであろう。>

Photo_2

 日本がまだ正気だったころ。

 人殺しに加担しなかったときの記憶はモノクロ写真に封印されています。

「オイルショック」が史上最大の詐欺事件だったことはメルマガで↓

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« 今朝の歌 ピンク・フロイド | トップページ | 今朝の歌2 ロジャー・ウォーターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/57013715

この記事へのトラックバック一覧です: 「1967年戦争の全占領地からのイスラエル兵力の撤退が行われること」田中角栄内閣二階堂進談話 日本が正気だった1973年:

« 今朝の歌 ピンク・フロイド | トップページ | 今朝の歌2 ロジャー・ウォーターズ »