« 米中情報戦と陰謀論の発生 マレーシア航空機撃墜 | トップページ | 中東にテロリストを大発生させた米海軍によるイラン旅客機の撃墜 1988年 »

2014年7月19日 (土)

撃墜されたマレーシア航空機に乗っていたヨープ・ランゲ氏は安価なエイズ治療薬をめぐりクリントン政権と闘っていた!

「もし我々が、冷えたコカ・コーラビールを、アフリカのあらゆる僻地にまで普及させることができるのだとすれば、同じことを薬についてできないはずがない」

ヨープ・ランゲ
Photo_4
<クリントン政権の副大統領アル・ゴアは、一九九八年、南アフリカに大きな圧力をかけ、南アフリカ政府が米国製よりはるかに安いAIDS薬を使う計画をキャンセルしないなら、貿易制裁を加えると述べた。>(ウィリアム・ブルム『アメリカ国家犯罪全書』作品社)
Photo_5
 マレーシア機撃墜の前日、南アフリカは、
「アンチ世界銀行」である「BRICS開発銀行」設立。
<この安いAIDS薬が米国企業の売り上げに影響しそうだったのである。南アフリカにはHIV陽性の人々が約三〇〇万人おり、そのほとんどは貧しい。ゴアは製薬会社と太いパイプでつながっていた。彼がニューヨークの講演でこのことを野次られたとき、彼はまともに返答するかわりに、「私はこの国を愛している。私は合衆国憲法修正第一条を愛している」と叫んだ。>

|

« 米中情報戦と陰謀論の発生 マレーシア航空機撃墜 | トップページ | 中東にテロリストを大発生させた米海軍によるイラン旅客機の撃墜 1988年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/56838879

この記事へのトラックバック一覧です: 撃墜されたマレーシア航空機に乗っていたヨープ・ランゲ氏は安価なエイズ治療薬をめぐりクリントン政権と闘っていた!:

« 米中情報戦と陰謀論の発生 マレーシア航空機撃墜 | トップページ | 中東にテロリストを大発生させた米海軍によるイラン旅客機の撃墜 1988年 »