« 東電福島第一原発3号機「うぇ!?」と叫んだ後に自衛隊に出動要請した吉田昌郎所長の犯罪 自衛隊特殊部隊被曝事件 | トップページ | 福島第一原発3号機爆発 吉田昌郎所長と自衛隊現地司令官の対面<吉田が極度に緊張しているように見えた。> »

2014年6月11日 (水)

東電福島第一原発3号機「水素爆発の危機」を警告しながら自衛隊を敷地内に突入させた吉田昌郎所長

(東電テレビ会議より)

 2011年3月14日06時48分

「ただ、あの格納容器のあれはともかくとして、1号機のようなあれは、可能性は十分ありますので、この格納容器圧力ということは、水素の発生。そういう意味で言えば、ヤードに人を配するというのは極めてむずかしいとおもうんですけども」(吉田所長)

 しかし、この直後に東電は自衛隊出動を要請。

 岩熊真司「中央特殊武器防護隊」隊長ら6人が被曝。

 4人が負傷した。

<「作業始めるぞ」と言うために車を降りようとした瞬間だった。

 ぼ――ん。耳を劈く大きな爆発音がした。下腹に響くような不気味さだった。11時1分、目の前の3号機建屋が爆発して吹き飛んだ。爆発音がした瞬間に、濛々と煙が上がり太陽が消えた。同時に猛烈な爆風が襲う。車両が大きく横滑りして側溝に落ちる。ものすごい音を立てながら、数百メートル、いやそれ以上の高さから、コンクリートの塊が狂ったように降ってきた。指揮車のキャンバス地の屋根を突き破る。フロントガラスが粉々に砕け散る。車内で、体を丸めているしかなかった。>(瀧野隆浩『ドキュメント 自衛隊と東日本大地震』ポプラ社)

Photo_4

 一ヵ月後、岩熊隊長の上官である

 田浦正人陸将補が吉田所長との面談を求めた。

(つづく)

|

« 東電福島第一原発3号機「うぇ!?」と叫んだ後に自衛隊に出動要請した吉田昌郎所長の犯罪 自衛隊特殊部隊被曝事件 | トップページ | 福島第一原発3号機爆発 吉田昌郎所長と自衛隊現地司令官の対面<吉田が極度に緊張しているように見えた。> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/56470745

この記事へのトラックバック一覧です: 東電福島第一原発3号機「水素爆発の危機」を警告しながら自衛隊を敷地内に突入させた吉田昌郎所長:

« 東電福島第一原発3号機「うぇ!?」と叫んだ後に自衛隊に出動要請した吉田昌郎所長の犯罪 自衛隊特殊部隊被曝事件 | トップページ | 福島第一原発3号機爆発 吉田昌郎所長と自衛隊現地司令官の対面<吉田が極度に緊張しているように見えた。> »