« 「プレス(マスコミ発表)」を止めた」原子力安全・保安院の「セコハン情報」しか米軍には与えられなかった!米国激怒!クリーブランド・レポートの衝撃http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/kyle-clevelandm.html | トップページ | 福島第一原発事故 米空母「ロナルド・レーガン」大量被曝事件 最接近時刻は推定3月12日23時47分 »

2014年6月14日 (土)

激怒した米国の独自放射能調査 世界有数の放射線観測設備でもある原子力空母「ドナルド・レーガン」の乗組員5500人がモルモットにされた可能性 クリーブランド・レポートの衝撃http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/kyle-clevelandm.html

 原子力安全・保安院による情報操作に激怒した米軍は、

 独自に放射能調査に乗り出します。

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/kyle-clevelandm.html

<米エネルギー省傘下の核安全局(NNSA)は3月14日~28日の間、UH-60ヘリとC-12ヒューロン機を使って、100フライト、計525AMS(航空観測システム)活動を行った。>

 なんと100フライト!

 日本で報道されたのは、無人探査機「グローバルホーク」だけ。

 3月14日は日本が報道管制下におかれた日であり、

 米空母「ロナルド・レーガン」が避難した日です。逃げ出した。

 日本政府は、米軍作成の「放射能汚染マップ」を隠ぺいします。

<地上では、測定器の入ったバックパック背負った米軍兵士らが、「立ち入り禁止」区域で、測定活動を続けた。>

 米軍は、命令により、危険区域に突入させられていたのです。

「ロナルド・レーガン」の重要な任務のひとつが「放射能調査」だったのでは?

 ハフィントンポスト紙によれば、

<「ロナルド・レーガン」は福島第一原発から、わずか1・6キロに接近>

 5500人にも及ぶ搭乗員がモルモットにされた可能性があります。

Photo_4

|

« 「プレス(マスコミ発表)」を止めた」原子力安全・保安院の「セコハン情報」しか米軍には与えられなかった!米国激怒!クリーブランド・レポートの衝撃http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/kyle-clevelandm.html | トップページ | 福島第一原発事故 米空母「ロナルド・レーガン」大量被曝事件 最接近時刻は推定3月12日23時47分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/56499755

この記事へのトラックバック一覧です: 激怒した米国の独自放射能調査 世界有数の放射線観測設備でもある原子力空母「ドナルド・レーガン」の乗組員5500人がモルモットにされた可能性 クリーブランド・レポートの衝撃http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/kyle-clevelandm.html:

« 「プレス(マスコミ発表)」を止めた」原子力安全・保安院の「セコハン情報」しか米軍には与えられなかった!米国激怒!クリーブランド・レポートの衝撃http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/kyle-clevelandm.html | トップページ | 福島第一原発事故 米空母「ロナルド・レーガン」大量被曝事件 最接近時刻は推定3月12日23時47分 »