« 9月30日までに「東京電力ほか」から135億円を受け取るNHK ふ・ざ・け・る・な!! | トップページ | 「使用済み核燃料も原子炉格納容器と同様に堅固な施設によって囲われてこそ初めて万全の措置と言える」大飯原発差し止め判決 »

2014年5月22日 (木)

<東京電力は(11年)15日、福島第1原子力発電所4号機の火災で米軍に消火を要請したことを明らかにした>http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1503M_V10C11A3000000/

東京電力は15日、福島第1原子力発電所4号機の火災で米軍に消火を要請したことを明らかにした。ただ、火災は米軍が到着する前に自然鎮火したとしている。>

 日本経済新聞電子版 2011年3月15日 12:38分

 2011年3月15日に何が起きていたのでしょうか?

 5:35 菅直人、東電本店に到着。

「このままでは米軍に占領されてしまうぞ」

 6:00過ぎ 衝撃音があり、2号機圧力抑制室の圧力がゼロになったと報告。

「過ぎ」という表現はここのみ。時刻が特定できていない。

 これまでの経緯から、

「東電が犯罪を隠そうとしているのではないか?」

 そう考えるのが自然です。

 東電は「圧力抑制室が破損」と主張。

 もし、そうであるならば、正門付近の放射線量が急上昇しているはず。

 しかし、線量に変化なし。

 6:42 吉田所長が第一原発近場での待機を命令。9割の所員は福島第二へ。

 線量が上がったから退避したのではない。

 9:00 第一原発正門付近の放射線量が最高値を記録。1万1930マイクロシーベルト。

 線量の急上昇は2号機衝撃音から2時間半後。

 9:38 4号機で火災発生の一報。

 時刻不明 東電が米軍に消火を要請。

 11:00 4号機自然鎮火。

 時刻不明 東電会見「4号機消火活動に米軍が従事している」

 東電は、線量急上昇の前に現場から逃げ、

 線量急上昇中の地獄の現場に米軍を引き入れた。

 もしくは、引き入れようとした。

 翌日。米軍は80キロ圏外に退避。

 菅直人の複数の側近が、

「終戦直後、占領時代の悪夢が蘇ってきた」

 菅直人は米国からの圧力で、

 ヘリからの水投下というパフォーマンスを強行。

Photo_2

「米軍@福島第一原発」の写真はない。

|

« 9月30日までに「東京電力ほか」から135億円を受け取るNHK ふ・ざ・け・る・な!! | トップページ | 「使用済み核燃料も原子炉格納容器と同様に堅固な施設によって囲われてこそ初めて万全の措置と言える」大飯原発差し止め判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/56273644

この記事へのトラックバック一覧です: <東京電力は(11年)15日、福島第1原子力発電所4号機の火災で米軍に消火を要請したことを明らかにした>http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1503M_V10C11A3000000/:

« 9月30日までに「東京電力ほか」から135億円を受け取るNHK ふ・ざ・け・る・な!! | トップページ | 「使用済み核燃料も原子炉格納容器と同様に堅固な施設によって囲われてこそ初めて万全の措置と言える」大飯原発差し止め判決 »