« 合衆国濃縮会社破産で錆びまくったタンクの劣化ウランはどこに行くの? | トップページ | そもそも「原子力の平和利用」とはなんだったのでしょうか?合衆国濃縮会社(ユーゼックUSEC)破産! »

2014年3月30日 (日)

ロスチャイルドは「なんでもあり」か!?アレバ社傘下のウラン濃縮会社にイラン企業が資本参加!?

 1970年代の「オイル・ショック」が壮大な詐欺で、

 日本の港には石油が溢れかえっていた、

 という話をご存知ですか?

 田原総一郎が書いています。

 そのとき、イスラエルに「秘密のパイプライン」があり、

 イランとイスラエルが共同で石油を「密輸」して、

 大儲けをした、という話をご存知ですか?

 詳しくはメルマガを読んでください。

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

 今日も同じような話に出くわしました。

 ロスチャイルド(≒ユダヤ≒イスラエル)系仏アレバ社傘下の

 ウラン濃縮企業EURODIFの最大の外国投資企業が

 現在、なんとイランのOEAI(イラン原子力組織、と訳すべき?)だというのです。

 世界史はオイル・ショックから書き直されるべき!!

Usec2s_2

|

« 合衆国濃縮会社破産で錆びまくったタンクの劣化ウランはどこに行くの? | トップページ | そもそも「原子力の平和利用」とはなんだったのでしょうか?合衆国濃縮会社(ユーゼックUSEC)破産! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/55570969

この記事へのトラックバック一覧です: ロスチャイルドは「なんでもあり」か!?アレバ社傘下のウラン濃縮会社にイラン企業が資本参加!?:

« 合衆国濃縮会社破産で錆びまくったタンクの劣化ウランはどこに行くの? | トップページ | そもそも「原子力の平和利用」とはなんだったのでしょうか?合衆国濃縮会社(ユーゼックUSEC)破産! »