« ニュースウオッチ9「若者が投票に行かない」空しい報道の典型です!選挙制度について何も言わないのだから | トップページ | 福島県人、我らが遠藤ミチロウ「蟲」を喰らえ!! »

2014年3月19日 (水)

リビアに対する「史上最大の蛮行」を抜きにロシア、ウクライナ、アメリカ、EUを語ってはいけないと思います

 人類が決して忘れてはならないことが、リビアで起きたんです。

 リーマンショック後、リビアのカダフィ大佐のもとには、

 特にヨーロッパの銀行から、

「金を貸してくれ!」という悲鳴に近い要請がなされていて、

 カダフィはそれに応えたのです。

 金を借したら、ヨーロッパ、アメリカからの空爆を受けて、

 福祉国家であるリビアは崩壊。カダフィは惨殺されます。

 カダフィは独裁者だったかもしれません。

 しかし、リビアは「家はタダで提供される」福祉国家だった!

 車がほしい国民には、代金の半分を政府が補助していたんです!

 医療、教育はもちろんタダです。

 ゆえに「世界で一番、争いごとのない国」だった!

 石油資源が豊富にあるからできたことです。

 カダフィは、石油の利権を欧米から取り戻すことで、

「福祉国家建設」の革命をやりとげたのです。

 カダフィは「医療費タダ」のキューバ革命をやり遂げた、

 チェ・ゲバラと同列に語られるべき英雄だと私は思います。

 リビア空爆により、プーチンは腹を決めたんだと思います。

「ロシアは狂った国際社会から離脱する」ということでしょ?

 シリアの内戦でもプーチンは欧米批判をやめなかった。

 プーチンははっきり「中国の人びとに感謝している」と語っているのです。

 今の世界は、

「アメリカ・EU・日本」といった資源を持たない国の連合と、

「ロシア・中国・ブラジル・ベネズエラ」など資源を持っている国の対立であり、

 私たちは問われているんだと思います。

「どっちにつくの?」

「勝ち組」を目指している日本人の答えは自明ですよね?

 どっちに勢いがありますか?

|

« ニュースウオッチ9「若者が投票に行かない」空しい報道の典型です!選挙制度について何も言わないのだから | トップページ | 福島県人、我らが遠藤ミチロウ「蟲」を喰らえ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/55439196

この記事へのトラックバック一覧です: リビアに対する「史上最大の蛮行」を抜きにロシア、ウクライナ、アメリカ、EUを語ってはいけないと思います:

« ニュースウオッチ9「若者が投票に行かない」空しい報道の典型です!選挙制度について何も言わないのだから | トップページ | 福島県人、我らが遠藤ミチロウ「蟲」を喰らえ!! »