« UK論 細川護煕が出演を断ったためにキャンセルされた都知事選公開討論は15件に及んだ!!http://utsunomiyakenji.com/pdf/20140304soukatsu_soan.pdf | トップページ | KK論「(清原和博が)もし、男としてもう一度、勝負をしたいと云うのなら、阪神に入って、ジャイアンツに立ち向かってほしいです」吉永小百合 »

2014年3月 5日 (水)

KK論「和博、王なんかに負けたらあかんで!早う55本のホームラン打たなあかんで!」清原和博の母、弘子さん

<「頭染めるんは、きまって怪我したときなんですよ」

 清原和博が自分の写真を見つめている。本誌594号の表紙(2003年12月撮影)。プラチナブロンドに染められた髪。

「朝起きて、鏡を見る。そこに怪我した自分が映っている。自分を自分だと認めたくないんです。だから、違う自分になろうとする」

 あれから4年。

 私が肉離れからの復活を目指す清原和博に密着したのは2000年3月。私は本誌494号にこう書いた。

<この人、ジャイアンツに来てなんかいいことあったんかなあ……。>

 あれからもう8年が過ぎた。清原和博が、日本の主砲が、本当の自分に出会えるのはいつなのか。

「怪我をしたのは、一昨年の9月の初め。1打席目、打った瞬間です。今まで味わったことのない激痛が走った」

 2度目の手術に踏み切っても痛みは消えなかった。何も変わらない。

「真っ暗闇でね。誰かにヒザをバンバン蹴られているような状態」

 22年間、闘って、本当にいろいろなことがあった。で、たどり着いたのは真っ暗闇。

 憧れの王貞治から「努力」と書かれた色紙を贈られた18歳の秋。ドラフト会議後、いっしょに泣いた母、弘子さんは、

「和博、王なんかに負けたらあかんで! 早う55本のホームラン打たなあかんで!」

 23年後、単身赴任の清原は、弘子さん手作りの「お正月にもたべないようなご馳走」を腹に収め、高知東部球場にやってきた。>

(つづく)

「男として笑えるように。」『清原和博 完全復刻版』ナンバー・プラス

Photo_7

|

« UK論 細川護煕が出演を断ったためにキャンセルされた都知事選公開討論は15件に及んだ!!http://utsunomiyakenji.com/pdf/20140304soukatsu_soan.pdf | トップページ | KK論「(清原和博が)もし、男としてもう一度、勝負をしたいと云うのなら、阪神に入って、ジャイアンツに立ち向かってほしいです」吉永小百合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/55252197

この記事へのトラックバック一覧です: KK論「和博、王なんかに負けたらあかんで!早う55本のホームラン打たなあかんで!」清原和博の母、弘子さん:

« UK論 細川護煕が出演を断ったためにキャンセルされた都知事選公開討論は15件に及んだ!!http://utsunomiyakenji.com/pdf/20140304soukatsu_soan.pdf | トップページ | KK論「(清原和博が)もし、男としてもう一度、勝負をしたいと云うのなら、阪神に入って、ジャイアンツに立ち向かってほしいです」吉永小百合 »