« 「福島第一原子力発電所が建造された時点で、今回の深刻な事故の原因も、津波がきっかけで発生した数々の問題の原因も、同時に作りだされた」アーニー・ガンダーセンhttp://kobajun.chips.jp/?p=14404 | トップページ | 「国際原子力マフィア」の中核企業「USEC」が破産!http://www.mag2.com/m/0001577514.html »

2014年3月22日 (土)

「(3号機の)使用済み核燃料があるべき位置に並んでいれば、私は間違っていたことになります」アーニー・ガンダーセン

<三号機では南側で閃光が見られた後、上向きのベクトルで劇的な爆発が起きました。大きな力が作用した方向性と位置と偏りを考慮すれば、使用済み核燃料プールで不慮の臨界が起きたと考えるのが最も自然です。

 使用済み核燃料プールについて付け加えると、瓦礫が中に溜まっています。この爆発の原因を厳密に特定するのは困難でしょうが、私は”ゆるやかな即発臨界”だったと考えています。爆発の起きた場所や被害の全体像と合致しているからです。

 東電はこれも水素爆発だと説明していますが、それならば端から端まで建屋全体に、より均等に広がっていたでしょう。一号機で見られた爆発ではエネルギーが横へ広がっています。水素が爆発したならば使用済み核燃料プールには下向きの圧力がかかったはずです。ペレットが敷地外で発見されるためには、即発臨界で持ち上がっていなければ説明がつきません。

 原発から二キロ以上離れた地点で燃料が発見されていますし、敷地内でも破片がブルドーザーで埋められた二〇一一年三月二六日にNRCが報告しています。爆発で飛ばされたとしか考えられません。

 東電は今になってブルドーザーで核燃料など埋めていないと言い出しています。>

<瓦礫を片付けてプールの中を覗くまで真相はわかりません。使用済み核燃料があるべき位置に並んでいれば、私は間違っていたことになります。突き詰めていえばそういうことで、横向きに投げ出されていれば私の仮説が正しいといえるでしょう。>

アーニー・ガンダーセン『福島第一原発――真相と展望』集英社新書

 2013年2月。瓦礫は片付けられ、東電発表の使用済み核燃料プールの写真、動画は真っ黒く塗りつぶされた。

Photo_5

Photo_6

|

« 「福島第一原子力発電所が建造された時点で、今回の深刻な事故の原因も、津波がきっかけで発生した数々の問題の原因も、同時に作りだされた」アーニー・ガンダーセンhttp://kobajun.chips.jp/?p=14404 | トップページ | 「国際原子力マフィア」の中核企業「USEC」が破産!http://www.mag2.com/m/0001577514.html »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/55476532

この記事へのトラックバック一覧です: 「(3号機の)使用済み核燃料があるべき位置に並んでいれば、私は間違っていたことになります」アーニー・ガンダーセン:

« 「福島第一原子力発電所が建造された時点で、今回の深刻な事故の原因も、津波がきっかけで発生した数々の問題の原因も、同時に作りだされた」アーニー・ガンダーセンhttp://kobajun.chips.jp/?p=14404 | トップページ | 「国際原子力マフィア」の中核企業「USEC」が破産!http://www.mag2.com/m/0001577514.html »