« 「小泉劇場」の猿芝居までの10年間。自民党は1470億円超の政党交付金を受けたhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | 民主国家とはとても思えない最悪の選挙制度によって、日本の若者たちは「観客民主主義」の「客席」に座ることすらできないhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html »

2014年3月 3日 (月)

若山富三郎論「黒澤明がナンボのもんじゃい!」スタッフ「あれは役者ですよ」黒澤監督「そんなはずはない」

<……若山が『極道』の扮装で撮影所を取り巻きたちと歩いていたのは、実は撮影のためではなかった。

『極道』の撮影で毎日のように役に没頭して現場で顔を合わせているうちに、若山と子分役の俳優たちは撮影中以外も親分子分の関係になっていた。>

<彼らは「若山一家」を名乗り、オリジナルの代紋を作って事務所まで構えた。その上で、ステテコ・ダボシャツ・山高帽という『極道』ルックを制服に、撮影所を練り歩いたのだ。>

<そんな中で撮影をするハメになった、可愛そうな「ヨソ者」がいた。

 黒澤明監督だ。>

<「黒澤がナンボのもんじゃい!」

「そうじゃそうじゃ!」

 若山と若山一家は、あえて黒澤に聞こえるように黒澤を威嚇する言葉を大声で叫びながら、撮影所を練り歩いた。どう見てもヤクザにしか見えない連中に凄まれ、黒澤は恐れた。

「あれは役者ですよ」

 スタッフにそう言われても、「そんなはずはない」と信じようとはしなかった。>

 春日太一『あかんやつら』文言春秋社より

 超クール!! ぼろくておもろい我らが師匠!!

Photo_3

|

« 「小泉劇場」の猿芝居までの10年間。自民党は1470億円超の政党交付金を受けたhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | 民主国家とはとても思えない最悪の選挙制度によって、日本の若者たちは「観客民主主義」の「客席」に座ることすらできないhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/55216590

この記事へのトラックバック一覧です: 若山富三郎論「黒澤明がナンボのもんじゃい!」スタッフ「あれは役者ですよ」黒澤監督「そんなはずはない」:

« 「小泉劇場」の猿芝居までの10年間。自民党は1470億円超の政党交付金を受けたhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | 民主国家とはとても思えない最悪の選挙制度によって、日本の若者たちは「観客民主主義」の「客席」に座ることすらできないhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html »