« さようなら原子力 これから何が起きるのか? 米露「新冷戦」と原発 | トップページ | 原子力はジ・エンド!世界の濃縮ウランの55%はロシアで生産されていた!(2012年) »

2014年3月29日 (土)

原子力ブラックアウト!合衆国濃縮会社(ユーゼック)破産!同じ日にオバマ政権がMOX燃料工場建設を凍結!

 2013年12月31日。

「メガトンからメガワットへプログラム」が終了。

 旧ソ連の解体核兵器から抽出されたウランを

 合衆国濃縮会社が買う。

 この会社が高濃縮ウランを薄めて原発燃料にして売る。

 このビジネスが終わりました。

 ウクライナ問題で「米ロ新冷戦」が決定的になるなか、

 2014年3月5日。合衆国濃縮会社が破産。

 同じ日に、オバマ政権はMOX燃料工場建設を凍結しました。

 サウスカロライナ州サバンナリバーのMOX燃料工場は

 2019年に完成予定でした。

 工事は60%ほど進んでいたようです。

「原子力の黄昏」?

 そんな生易しいものじゃありません。

「原子力ブラックアウト」はMOX燃料生産を見れば一目瞭然です。

 1994年。ドイツのシーメンス社のハナウ燃料工場が閉鎖。

 1995年。シーメンス社の新工場がほぼ完成していながら運転中止。

 2002年。仏コジェマ社のカダラッシュ工場が閉鎖。

 2005年。英国原子力公社のMDF工場が閉鎖。

 2006年。ベルギーのベルゴニュークリア社の工場が閉鎖。

 2011年。MOX燃料満載の東電福島第一原発3号機の核燃料プールが爆発。

 2014年。米国サバンナリバー工場建設凍結。

 青森県六ヶ所村のMOX燃料工場建設再開は狂気の沙汰です。

Usec2s

|

« さようなら原子力 これから何が起きるのか? 米露「新冷戦」と原発 | トップページ | 原子力はジ・エンド!世界の濃縮ウランの55%はロシアで生産されていた!(2012年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/55566304

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力ブラックアウト!合衆国濃縮会社(ユーゼック)破産!同じ日にオバマ政権がMOX燃料工場建設を凍結!:

« さようなら原子力 これから何が起きるのか? 米露「新冷戦」と原発 | トップページ | 原子力はジ・エンド!世界の濃縮ウランの55%はロシアで生産されていた!(2012年) »