« 今日はみつぼがお休み | トップページ | 「事故直後、3号機の周囲にあったきわめて高い放射線を発するこれらの物質があった地面はブルドーザーによって地ならしされました」アーニー・ガンダーセン 3号機http://kobajun.chips.jp/?p=14441 »

2014年3月22日 (土)

「原子炉建屋の内側部分では、驚くほど高い放射線量が計測され、外側には爆発によって破壊された核燃料棒の一部であるペレットが散乱していました」アーニー・ガンダーセン 3号機http://kobajun.chips.jp/?p=14441

 2011年4月5日のニューヨークタイムズでは、

「燃料の破片、粉末が1マイル先まで吹き飛ばされた」

 アーニー・ガンダーセンの解説では

「外には燃料ペレットが散乱」

 日本の事故調がこの「世界の常識」を

 まったく無視しているのはなぜ!?

Photo

|

« 今日はみつぼがお休み | トップページ | 「事故直後、3号機の周囲にあったきわめて高い放射線を発するこれらの物質があった地面はブルドーザーによって地ならしされました」アーニー・ガンダーセン 3号機http://kobajun.chips.jp/?p=14441 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/55474045

この記事へのトラックバック一覧です: 「原子炉建屋の内側部分では、驚くほど高い放射線量が計測され、外側には爆発によって破壊された核燃料棒の一部であるペレットが散乱していました」アーニー・ガンダーセン 3号機http://kobajun.chips.jp/?p=14441:

« 今日はみつぼがお休み | トップページ | 「事故直後、3号機の周囲にあったきわめて高い放射線を発するこれらの物質があった地面はブルドーザーによって地ならしされました」アーニー・ガンダーセン 3号機http://kobajun.chips.jp/?p=14441 »