« UK論 警察が宇都宮けんじさんにバカげた質問「坂本郁子さんは学生運動はやっていなかったのか。内ゲバに巻き込まれたとは考えられないか」地下鉄サリン事件 | トップページ | UK論「私たち一人ひとりは微力ではあるが、決して無力ではない。私たち一人ひとりがつながれば、東京を日本を変えることができる」宇都宮けんじ »

2014年2月 4日 (火)

UK論「郁子さんは、私の事務所にかかってくる暴力的な督促の電話にもてきぱきと対応してくれました」宇都宮けんじ 地下鉄サリン事件

<坂本夫妻の遺体が発見されたのは、一九九五年九月六日でした。九月一〇日には当時一歳だった息子の龍彦君の遺体も見つかります。一家は、自宅に侵入したオウム真理教幹部の村井や早川らの手により殺害されたのでした。私は坂本弁護士を学生の頃からよく知っていました。司法試験の勉強をみてあげたこともあります。彼は、窮地にある人を見すごせない正義感の強い青年でした。次代を担う弁護士として前途を嘱望されていたのです。郁子さんは、私の事務所にかかってくる暴力的な督促の電話にもてきぱきと対応してくれました。外見はとても柔和ですが、芯はしっかりした女性でした。

 私の長い弁護士人生のなかでも、身近な人を亡くしたのは、このオウム真理教をめぐる事件においてのみです。それだけに、被害者救済に懸ける思いは格別でした。しかし、事件はまだ、終わっていません。元信者グループが布教活動を止めないなか、被害者は未だ後遺症に悩み、心に傷を残しています。私たちの救済活動は現在もなお続いているのです。>

『弁護士、闘う』岩波書店より

Photo_4

|

« UK論 警察が宇都宮けんじさんにバカげた質問「坂本郁子さんは学生運動はやっていなかったのか。内ゲバに巻き込まれたとは考えられないか」地下鉄サリン事件 | トップページ | UK論「私たち一人ひとりは微力ではあるが、決して無力ではない。私たち一人ひとりがつながれば、東京を日本を変えることができる」宇都宮けんじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54859094

この記事へのトラックバック一覧です: UK論「郁子さんは、私の事務所にかかってくる暴力的な督促の電話にもてきぱきと対応してくれました」宇都宮けんじ 地下鉄サリン事件:

« UK論 警察が宇都宮けんじさんにバカげた質問「坂本郁子さんは学生運動はやっていなかったのか。内ゲバに巻き込まれたとは考えられないか」地下鉄サリン事件 | トップページ | UK論「私たち一人ひとりは微力ではあるが、決して無力ではない。私たち一人ひとりがつながれば、東京を日本を変えることができる」宇都宮けんじ »