« 宇都宮けんじ イン地元 大山 | トップページ | UK論「今の暴力団はほとんどが経済ヤクザでね。シャバで金儲けして贅沢したいヤクザばっかりですよ」宇都宮けんじ »

2014年2月 6日 (木)

UK論<「人の手助けになっている」ことを実感できるのが、私にとっては、お金以上の”財産”なのです。>宇都宮けんじ

<多重債務者の相談を頼まれるようになったのは最初の事務所をクビになり、次の勤務先をを探しに弁護士会を訪ねたのがきっかけです。>

<サラ金でお金を借りる人が相手ですので、解決してもお金がもらえないのでは、という不安もあってか、サラ金事件を受任する弁護士がほとんどいない状況でした。そこで、東京弁護士会の職員が、担当する事件もなく、暇そうにしている私にサラ金事件を次々にまわしてくるようになったわけです。

 実際に相談にのってみると、相談者の多くはサラ金の厳しい取り立てに追われて、ノイローゼになり、手首を切ったり睡眠薬を多量に飲んで自殺を図ったりと、ひどい状況でした。最初はやり方がわからず、無我夢中でした。それでも弁護士が相談者(債務者)の衝立てになれば、その分弁護士へ業者からの電話は集中しますが、相談者への取り立てはやわらぎます。それが本当に嬉しかった。

 相談者が払える範囲で月五〇〇〇円、一万円ずつと分割でもらうようにしましたが、確かに多重債務の相談はお金にはなりません。それでも私は自分を頼ってくれる人がいる、感謝してもらえる、それが次の仕事の励みになり、糧になっている。だから働き続けられたのです。「人の手助けになっている」ことを実感できるのが、私にとっては、お金以上の”財産”なのです。だから、お金は関係ありません。実際、生活できるだけの稼ぎはあるわけですから、それで十分だと思っています。>

『反貧困』花伝社より

Kenzi3_2

|

« 宇都宮けんじ イン地元 大山 | トップページ | UK論「今の暴力団はほとんどが経済ヤクザでね。シャバで金儲けして贅沢したいヤクザばっかりですよ」宇都宮けんじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54889934

この記事へのトラックバック一覧です: UK論<「人の手助けになっている」ことを実感できるのが、私にとっては、お金以上の”財産”なのです。>宇都宮けんじ:

« 宇都宮けんじ イン地元 大山 | トップページ | UK論「今の暴力団はほとんどが経済ヤクザでね。シャバで金儲けして贅沢したいヤクザばっかりですよ」宇都宮けんじ »