« UK論「プロフェッショナルとは他人のために頑張れる、一生懸命働いている人」宇都宮けんじ NHK『プロフェッショナル』より | トップページ | UK論「8万人収容の国立競技場を満員にできるのはAKB48と嵐だけ。維持するには、今日はAKB、明日は嵐、あさってはAKB(笑)」宇都宮けんじ »

2014年2月 6日 (木)

UK論「現代の風潮として、弁護士になって高い収入を目指す人があるようですが、私にはそれが分かりませんね」宇都宮けんじ

<日本の「弁護士法」第一条が弁護士の使命について記していますが、「弁護士は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とある。まさにそれこそが弁護士のなすべきことだと思います。

 これを具体的に私なりに解釈すれば、この人権を擁護しなくてはいけない「人」の中で、財力や権力を持っている人は自分の権利を自分自身で守れる場合が多い。しかし、どちらかといえば社会的・経済的弱者はそれを守れない人たちなんですね。ですから、人権擁護を目指すという抽象的な言葉は聞こえが良いけれれど、これを忠実に具体的に実現しようとすれば、弁護士は社会的弱者、経済的弱者の人権を守り、味方になるという方向が素直に出てくると思います。

「社会正義」を実現するというのは不正を許さないこと。どのような権力であっても、大企業であっても、ごまかしや不正という最も悪質な行為を放置させない仕事をしていかなければなりません。>

『反貧困』花伝社より

Photo

|

« UK論「プロフェッショナルとは他人のために頑張れる、一生懸命働いている人」宇都宮けんじ NHK『プロフェッショナル』より | トップページ | UK論「8万人収容の国立競技場を満員にできるのはAKB48と嵐だけ。維持するには、今日はAKB、明日は嵐、あさってはAKB(笑)」宇都宮けんじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54883545

この記事へのトラックバック一覧です: UK論「現代の風潮として、弁護士になって高い収入を目指す人があるようですが、私にはそれが分かりませんね」宇都宮けんじ:

« UK論「プロフェッショナルとは他人のために頑張れる、一生懸命働いている人」宇都宮けんじ NHK『プロフェッショナル』より | トップページ | UK論「8万人収容の国立競技場を満員にできるのはAKB48と嵐だけ。維持するには、今日はAKB、明日は嵐、あさってはAKB(笑)」宇都宮けんじ »