« UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑦人に(自民にも)優しく丁寧に | トップページ | UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑧社共議員だけ出席の院内集会は自己満足 »

2014年1月30日 (木)

UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑦市民運動のあきらめと無知

<サラクレ運動における金利規制のように、他の多くの市民運動が課題とする問題の解決には制度改革や立法が必要になる。それをやるためには、国会で多数を取らないとならない。逆にいえば、衆議院は四八〇人、参議院は二四二人、合計七二二人の国会議員全員にあたり働きかけて多数派を取れば法律を通すことができる。ところが、このことをはなからあきらめている市民団体が多い。これは大きな問題だ。市民運動のなかには政治に対するあきらめ、あるいは無知が広がっている。

 以前、私は反貧困ネットワークで国会対策のやり方を講義したことがあるが、市民団体のほとんどは国会便覧を持っていない。どのような国会議員がいて、地元選出の国会議員は誰なのかを知らない。>

『希望社会の実現』花伝社より

|

« UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑦人に(自民にも)優しく丁寧に | トップページ | UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑧社共議員だけ出席の院内集会は自己満足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54798844

この記事へのトラックバック一覧です: UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑦市民運動のあきらめと無知:

« UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑦人に(自民にも)優しく丁寧に | トップページ | UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑧社共議員だけ出席の院内集会は自己満足 »