« 「宇都宮候補は住民投票問題に言及しない」宮台真司 これは論外!宇都宮けんじは私が毎週抗議している選挙の問題に言及しない 何か問題でも? | トップページ | UK論 宇都宮けんじvs舛添要一 命と人権をめぐる直接対決「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」その権利を具体化したのが生活保護 »

2014年1月28日 (火)

UK論 宇都宮けんじvs舛添要一 生活保護をめぐる直接対決

<厚労省の有識者会議である「生活扶助基準に関する懇談会は、二〇〇七年一一月三〇日、生活扶助基準の引き下げを容認する報告書を出しています。生活扶助とは、生活保護のうち、衣食をはじめとする日常生活の需要を満たすための扶助で、飲食物費、光熱費、移送費などの支給を含みます。報告を受け、舛添要一厚生労働大臣は、二〇〇八年度からの基準引き下げを明言しました。>

<生活保護問題対策全国会議や日弁連は、検討会の報告に猛烈に抗議しました。その結果、二〇〇八年度における生活扶助費の削減は見送られました。

 厚労省はまた、二〇〇八年四月、生活保護利用者が病院に通う際の交通費を原則として支給しないよう求める局長通知を自治体に発しています。>

<この問題についても、私たちはすぐさま抗議活動を展開し、舛添大臣より、”事実上の撤回”という言質をとりました。>

『弁護士、闘う』岩波書店より

(「その背景」につづく)

|

« 「宇都宮候補は住民投票問題に言及しない」宮台真司 これは論外!宇都宮けんじは私が毎週抗議している選挙の問題に言及しない 何か問題でも? | トップページ | UK論 宇都宮けんじvs舛添要一 命と人権をめぐる直接対決「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」その権利を具体化したのが生活保護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54771616

この記事へのトラックバック一覧です: UK論 宇都宮けんじvs舛添要一 生活保護をめぐる直接対決:

« 「宇都宮候補は住民投票問題に言及しない」宮台真司 これは論外!宇都宮けんじは私が毎週抗議している選挙の問題に言及しない 何か問題でも? | トップページ | UK論 宇都宮けんじvs舛添要一 命と人権をめぐる直接対決「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」その権利を具体化したのが生活保護 »