« UK論「憲法というのは権力者の暴走を防いで、国民の人権を守るための法律だ」宇都宮けんじ | トップページ | うちにくる猫 »

2014年1月29日 (水)

UK論「これまでの戦争でも自分たちは侵略するといってやった戦争はない。ほとんどの戦争が、やむをえず自衛のために戦争したということになっている」宇都宮けんじ

<天皇の元首化(一条)

「天皇は、日本国の元首であり、日本国及び日本国民統合の象徴であって、その地位は、主権の在する日本国民の総意に基づく」>

<自衛権の発動を認める(九条二項)

 九条では、今までは、九条の二項は「前項の目的を達するためには、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない」という規定だったのが、それを、「自衛権の発動を妨げるものではない」という規定に変えている。

 実はこれまでの戦争でも、自分たちは侵略するといってやった戦争はない。ほとんどの戦争は、やむをえず自衛のために戦争したということになっている。戦争をできるような条項に変えている。>

<「集会、結社、表現の自由」も「公益及び公の秩序」によって制限(二一条二項)

 二一条の「集会、結社、表現の自由」というのは民主主義の基礎的な基本的な人権であり、現行憲法では制限規定がない。

 ところが自民党の草案では、表現の自由のところの二一条の二項に「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」というような制限規定を入れている。>

『希望社会の実現』花伝社より

Photo_3

『希望社会の実現』花伝社より

|

« UK論「憲法というのは権力者の暴走を防いで、国民の人権を守るための法律だ」宇都宮けんじ | トップページ | うちにくる猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54785787

この記事へのトラックバック一覧です: UK論「これまでの戦争でも自分たちは侵略するといってやった戦争はない。ほとんどの戦争が、やむをえず自衛のために戦争したということになっている」宇都宮けんじ:

« UK論「憲法というのは権力者の暴走を防いで、国民の人権を守るための法律だ」宇都宮けんじ | トップページ | うちにくる猫 »