« UK論「メガバンクがいくら巨額の顧問料を積もうと、その誘いに乗るわけにはいきません」宇都宮けんじ | トップページ | UK論「落ちこぼれてみて、妙なエリート意識から目が醒めたのです」宇都宮けんじ »

2014年1月28日 (火)

UK論「一代で大手貸金業を築いたような創業社長には、貧しい境遇から身を起こし、苦労して叩き上げられた人物が少なくない」宇都宮けんじ

<誘いといえば、大手サラ金会社や商工ローン会社の社長から、時折、会いたいというメッセージが届きます。財務省の幹部となった大学の同級生などが仲介し、そうした話を持ち込むのです。その手の話もすべて拒絶しています。

 なぜなら、一代で大手貸金業を築いたような創業社長には、貧しい境遇から身を起こし、苦労して叩き上げられた人物が少なくないからです。会えば、個人的に魅力を感じ、情が移るかもしれません。そうすると、彼らに対する責任追及の矛先が鈍ってしまいかねません。したがって、この場合、会うこと自体が問題なのです。>

『弁護士、闘う』岩波書店より

|

« UK論「メガバンクがいくら巨額の顧問料を積もうと、その誘いに乗るわけにはいきません」宇都宮けんじ | トップページ | UK論「落ちこぼれてみて、妙なエリート意識から目が醒めたのです」宇都宮けんじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54777013

この記事へのトラックバック一覧です: UK論「一代で大手貸金業を築いたような創業社長には、貧しい境遇から身を起こし、苦労して叩き上げられた人物が少なくない」宇都宮けんじ:

« UK論「メガバンクがいくら巨額の顧問料を積もうと、その誘いに乗るわけにはいきません」宇都宮けんじ | トップページ | UK論「落ちこぼれてみて、妙なエリート意識から目が醒めたのです」宇都宮けんじ »