« UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑤労働組合 | トップページ | UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑥敵の孤立化 »

2014年1月30日 (木)

UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑤地方自治体

<都道府県議会と市町村議会において金利引き下げ意見書を採択する全国運動もおこなった。最終的には四三都道府県議会と一一三六市町村議会で金利引き下げの意見書が採択された。これはかなり大がかりな全国運動だった。司法書士さんの団体である全国青年司法書士協議会(全青司)ががんばってくれたのだが、日本地図を壁に貼って、意見書が採択された地方自治体を一つ一つ塗り潰していくような運動を行った。こうした意見書は、その地域を選挙区とする国会議員が金利引き下げ法案に対して、態度決定するときに大きな影響を与えた。>『希望社会の実現』花伝社よりPhoto_6

|

« UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑤労働組合 | トップページ | UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑥敵の孤立化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54798221

この記事へのトラックバック一覧です: UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑤地方自治体:

« UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑤労働組合 | トップページ | UK論「正しいこと、正しい情勢分析だけでは運動は広がらない」宇都宮けんじ 安倍を倒そう 明日のために その⑥敵の孤立化 »