« UK論「人間らしい住まいに住む権利は基本的人権のひとつだ」宇都宮けんじ | トップページ | UK論「公職選挙法の改正ごとに供託金を高くしているのですから、どんどん非民主的になっている」宇都宮けんじ »

2014年1月23日 (木)

UK論「生活保護は憲法で定められた『生存権保障』を具体化したもの」宇都宮けんじ

<日本ではいま、およそ215万人が生活保護を利用していて、これは全人口の一・七%です。それに対して、ドイツは全人口の九・七%にあたる七九三万人、イギリスは九・二七%にあたる五七四万人が生活保護を利用しています。>

<利用資格がある人が実際に制度を利用している割合を「捕択率」といいますが、日本はこの捕択率が非常に低いので、孤立死や餓死が増えているのです。生活保護を利用していたら死なずに済んだ人が、死んでいるわけです。>

<「自分たちは生活保護を受けないで我慢しているのに、生活保護をもらっている人は、朝からパチンコをしている」というようなキャンペーンがあります。これは貧しい者同士が対立するように仕向けた、きわめて悪質なキャンペーンです。その目的は、本当の問題がどこにあるのかを覆い隠すことだろうと思います。>

<生活保護に関しては「不正利用」の問題も意図的に取り上げられます。しかし、厚生労働省の調査でも、不正利用は全体の〇・五%以下です。

「〇・五%以下の不正利用」という問題と、「生活保護利用資格がある人のうち、八割が利用していない」という問題と、どちらが深刻な問題でしょうか。

 答えは明らかだと思います。>

『わるいやつら』集英社新書より

 これはものすごく鋭い指摘。

 プロパガンダをぶっ飛ばせ!

|

« UK論「人間らしい住まいに住む権利は基本的人権のひとつだ」宇都宮けんじ | トップページ | UK論「公職選挙法の改正ごとに供託金を高くしているのですから、どんどん非民主的になっている」宇都宮けんじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54711061

この記事へのトラックバック一覧です: UK論「生活保護は憲法で定められた『生存権保障』を具体化したもの」宇都宮けんじ:

« UK論「人間らしい住まいに住む権利は基本的人権のひとつだ」宇都宮けんじ | トップページ | UK論「公職選挙法の改正ごとに供託金を高くしているのですから、どんどん非民主的になっている」宇都宮けんじ »