« 結局、日本人は「勝ち負け」「損か得か」しか考えなくなった 細川、出て来いや! | トップページ | 総務省前 »

2014年1月10日 (金)

日立製作所本社前で抗議を続けている「コアキャッチャー」についてまた書きます

 2000年代、原子力の世界は、活気づきます。

「原子力ルネサンス」と呼ばれました。

 しかし、世界中で原発の安全基準が書き換えられました。

 簡単にいえば、「メルトスルーしたデブリはどうするの?」

Photo_6

 これがフランス「アレバ」社の答え。

 巨大プールに入れて「石棺」にします。

 日立製作所の答えは、笑止千万!

Photo_7

 建屋自体を水浸しにする、ってことで、これ、こう言っているに等しいのです!

「リトアニアの皆さん! 日立製作所の原発を買ってください! 今ならもれなく16万ベクレルの汚染水をプレゼントします!」

 原子力ルネサンス?

 一方で、高速増殖炉を作ろうとする国はゼロに!

 アメリカも廃棄核弾頭から抽出したプルトニウム燃料、

 MOX燃料による発電もやめてしまいます。

 危険だからね。

 MOX燃料で発電をしていた東電福島第一原発3号機が爆発したわけですよ。

 世界は発狂した。

 日本はプルトニウムの呪縛から逃れられない。

 それが安倍政権の暴走の発火点です。

 日本人は、「心にプルトニウム」を抱いたまんま、

 生きていかなければならなくなったのです。

 あなたの心にもプルトニウムを!!!!!!!

 本日19時~総務省前不正選挙抗議でこのことも話します。

 お気軽にお立ち寄りください。

Photo_8

Photo_9

|

« 結局、日本人は「勝ち負け」「損か得か」しか考えなくなった 細川、出て来いや! | トップページ | 総務省前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54552778

この記事へのトラックバック一覧です: 日立製作所本社前で抗議を続けている「コアキャッチャー」についてまた書きます:

« 結局、日本人は「勝ち負け」「損か得か」しか考えなくなった 細川、出て来いや! | トップページ | 総務省前 »