« UK論「まずは一歩を踏み出すこと。その先に、生きる希望がきっと見えてくるはずです」宇都宮けんじ | トップページ | 「舛添リード」というマスコミ報道 不正選挙で騒いだ皆さん!この選挙こそ、出口調査をお願いします!RK独立党よ、立ち上がってください! »

2014年1月29日 (水)

米副大統領「靖国行くな!」四面楚歌の安倍政権 抗議・マスト・ゴーオンhttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014012801002332.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014012801002332.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

 昨年12月。バイデン米副大統領が電話会談で安倍首相に

「靖国神社に参拝するな」

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM16012_W4A110C1EB1000/

 安倍晋三の後ろ盾だったはずの戦略国際問題研究所(CSIS)

 日本部長のマイケル・グリーン。

「安倍首相の靖国参拝は日米関係の助けにならない」

http://www.47news.jp/47topics/e/249732.php

 バラク・オバマはこう考えている?

「狂った安倍晋三にプルトニウムを持たせていてはいけない」

 このタイミングで、小泉純一郎が突如、

「原発即時ゼロ」と言い出した。

 小泉純一郎は、息子の進次郎をCSISに預けていますよね。

 小泉純一郎は米国軍産複合体の意志で動いている可能性があります。

 いずれにせよ、米国の保守、リベラルともに

「安倍政権をつぶせ!」

 元気を出して、抗議を続けましょう!

|

« UK論「まずは一歩を踏み出すこと。その先に、生きる希望がきっと見えてくるはずです」宇都宮けんじ | トップページ | 「舛添リード」というマスコミ報道 不正選挙で騒いだ皆さん!この選挙こそ、出口調査をお願いします!RK独立党よ、立ち上がってください! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米副大統領「靖国行くな!」四面楚歌の安倍政権 抗議・マスト・ゴーオンhttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014012801002332.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter:

« UK論「まずは一歩を踏み出すこと。その先に、生きる希望がきっと見えてくるはずです」宇都宮けんじ | トップページ | 「舛添リード」というマスコミ報道 不正選挙で騒いだ皆さん!この選挙こそ、出口調査をお願いします!RK独立党よ、立ち上がってください! »