« 1,2号機排気筒「25シーベルト」とは何か?http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_131206_04-j.pdf | トップページ | くたばれ!IAEA「事故が起きても日本は原発を推進します」ブリックス元IAEA事務局長http://www.mag2.com/m/0001577514.html »

2014年1月 5日 (日)

くたばれ!IAEA 国際原子力マフィアが「独裁国家」日本を要求しているhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html

 特定秘密保護法はなぜ、強行採決されたのか?

 2013年12月。福島、福井両県は国際原子力機関(IAEA)と相互協力の覚書を結んだ。放射能による健康影響調査については、県立医科大とIAEAが覚書の主体である。

 覚書にはなんと、IAEA、県、県立医科大の3者のうち1者が要求すれば、共有している情報を非公開にできる条項が含まれていた!

 どういうこと?

「年間100ミリシーベルトまでなら被ばくしても健康被害はない」

「放射線の影響は、実はニコニコ笑ってる人には来ません。クヨクヨしてる人に来ます」

 そう言い放った山下俊一(福島県立医大副学長)が、

「子どもの健康調査のデータを公表してはまずい」

 そう言えば、情報は闇から闇へと葬られる。

 私はウクライナの歴史を例に何度も訴えてきた。

 原子力災害を起こした国は、独裁国家になる。

 悲しいことに、日本もまたウクライナと同じ道を歩き続けている。

 特定秘密保護法の第一の目的は、東電福島第一原発の情報隠蔽だったのだ。

 IAEAの正体は、ドイツのシュピーゲル誌などによって、1980年代に暴かれている。

 1987年。西ドイツで核物質を輸送していたトラックが横転する交通事故が発生。警察の捜査により、運送許可を受けていない核物質が国境を越えて運ばれていたことが発覚した。

 捜査、ジャーナリストの調査報道によって、スイス人のルドルフ・ロメッチは、なんと、自家用車でプルトニウムを運んでいたことが発覚した。

 ルドルフ・ロメッチとは何者?

つづきはメルマガで

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« 1,2号機排気筒「25シーベルト」とは何か?http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_131206_04-j.pdf | トップページ | くたばれ!IAEA「事故が起きても日本は原発を推進します」ブリックス元IAEA事務局長http://www.mag2.com/m/0001577514.html »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54500500

この記事へのトラックバック一覧です: くたばれ!IAEA 国際原子力マフィアが「独裁国家」日本を要求しているhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html:

« 1,2号機排気筒「25シーベルト」とは何か?http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_131206_04-j.pdf | トップページ | くたばれ!IAEA「事故が起きても日本は原発を推進します」ブリックス元IAEA事務局長http://www.mag2.com/m/0001577514.html »