« UK論 騙し取られたカネを細川護煕から取り返せ!「オレンジ共済被害対策弁護団」宇都宮けんじ団長が立ち上がったhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | 「脱原発」候補一本化を企んだ人たちは、オレンジ共済事件で宇都宮けんじが細川護煕と直接対決した事実を知らないのでしょうか? »

2014年1月26日 (日)

UK論 被害者が汗水流して働き蓄えた財産を細川護煕から取り返せ!宇都宮けんじ オレンジ共済事件http://www.mag2.com/m/0001577514.html

<そもそも組合がF1カーをもっていたのはなぜでしょうか。それは、組合の専務理事で友部氏の次男、百男氏が、大のF1ファンだったからです。その熱の上げようは、ヘリコプターを借り切って日帰りでレース観戦に行くほどの域に達していました。三重県の鈴鹿サーキットで開かれるF1日本グランプリに、東京からヘリコプターで乗り付けたのです。それも、元男性アイドルの知人や銀座のホステスを引き連れ、一枚二三万円の特別席に陣取るという豪勢ぶりでした。また、レース観戦のためモナコ旅行にも出かけています。こうした趣味が高じ、F1カーの購入に至ったのでした。それがどんな代物かといえば、”史上最高のF1ドライバーといわれる故アイルトン・セナのために作られたレースカーでした。>

<百男氏の贅沢三昧はF1道楽にとどまりません。アロワナという高級熱帯魚や輸入のメジロなどのペットにも高額の支出を惜しみませんでした。それらの飼育のために、わざわざ大型水槽や鳥籠を設えた部屋をいくつも借りていたほどです。彼はまた、ロールスロイスやフェラーリといった高級外車を買い漁ったり、銀座の高級クラブや六本木のバーに頻繁に通ったりと、湯水のようにお金を使いました。これらの遊興費は十数億円にものぼります。その出所は共済組合の預かり金でした。被害者が汗水流して働き、ようやく蓄えた財産が、友部ファミリーの乱脈な私生活のためにいとも簡単に消え去ったのです。>

『弁護士、闘う』岩波書店より

(つづく)

 詳しくはメルマガで

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« UK論 騙し取られたカネを細川護煕から取り返せ!「オレンジ共済被害対策弁護団」宇都宮けんじ団長が立ち上がったhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | 「脱原発」候補一本化を企んだ人たちは、オレンジ共済事件で宇都宮けんじが細川護煕と直接対決した事実を知らないのでしょうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54748969

この記事へのトラックバック一覧です: UK論 被害者が汗水流して働き蓄えた財産を細川護煕から取り返せ!宇都宮けんじ オレンジ共済事件http://www.mag2.com/m/0001577514.html:

« UK論 騙し取られたカネを細川護煕から取り返せ!「オレンジ共済被害対策弁護団」宇都宮けんじ団長が立ち上がったhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html | トップページ | 「脱原発」候補一本化を企んだ人たちは、オレンジ共済事件で宇都宮けんじが細川護煕と直接対決した事実を知らないのでしょうか? »