« 独裁が開始された年末 安倍晋三、菅義偉、岸田文雄、小野寺五典、仲井真弘多が勝手に決める政治 | トップページ | 「話し合いに応じれば歓迎だが、戦うのなら付き合ってやる」中国軍関係者 米中で戦争を煽る人たちhttp://sankei.jp.msn.com/world/news/131224/chn13122421310007-n1.htm »

2013年12月27日 (金)

オバマ大統領の「アジアへの旋回」戦略と「靖国」

 オバマ大統領の対アジア戦略はすでに死んでいる。

 これが、国際的な常識のようです。

 オバマは「アジアへの旋回」戦略を繰り返し述べてきたが、

 やったのはオーストラリアのダーウィン基地への米兵派遣。

 たった200人!?

 しかも、9月に帰ってしまって

 現在、基地は空っぽ!?

 アメリカは実質的に破産しており、

「やりたいけど何もできない」が本音なのでしょう。

 その間に中国は着々と軍備を拡大。

「対処したいのだけど何もできない」

 結果的に中国の軍拡も北朝鮮の核開発も

「容認する」ということになってしまいました。

 オバマは「9・11」以降、初めて軍事費を削減。

 米国民主党内の軍産複合体と対立を深めています。

 日本のマスコミは

「安倍とオバマに個人的な関係がない」ことを強調していますが、

 安倍の腹の中には、こんな思いがあるのでは?

「オバマの命運は尽きた」

「俺には米国軍産複合体がついている」

 自ら「アジアの危機」をでっち上げて、

「対中戦に備えよ!」

 防衛費を増やす。

 オスプレイを買う。

 自衛隊を対中戦向けに再編成する。

 米軍と自衛隊を一体化する。

 しかし、首相の靖国参拝に対する

 ネット右翼の賛辞が驚くほど少ないですよね。

 エドワード・スノーデンの暴露、

「NSAスキャンダル」によるアメリカの孤立。

 安倍の靖国参拝は完全な失敗で、日本も孤立。

 中国、ロシア、ブラジルなど反米陣営は結束を強めていくでしょう。

 安倍は人類に叱られている状態です。

|

« 独裁が開始された年末 安倍晋三、菅義偉、岸田文雄、小野寺五典、仲井真弘多が勝手に決める政治 | トップページ | 「話し合いに応じれば歓迎だが、戦うのなら付き合ってやる」中国軍関係者 米中で戦争を煽る人たちhttp://sankei.jp.msn.com/world/news/131224/chn13122421310007-n1.htm »

コメント

FToqad http://www.MHyzKpN7h4ERauvS72jUbdI0HeKxuZom.com

投稿: horny | 2014年1月12日 (日) 08時57分

sitKEK http://www.MHyzKpN7h4ERauvS72jUbdI0HeKxuZom.com

投稿: matt | 2014年1月12日 (日) 12時44分

日本は孤立化を狙ってるって言う話もあります。なにが目的かは分からないところですが。一連の失言やそれに対する海外のすばやい反応を見ると、仕組まれてるとも見えます。地震に関する様々な偶然から自然現象でないと思っている人間にとっては、海洋汚染で日本が嫌われることまで確定しているように思えます。安倍氏は顔色見たところ、いつも顔色が悪いですが、なにか決める権限などあるのでしょうか・・・。

投稿: | 2014年2月17日 (月) 08時35分

言葉足らずだった。海洋汚染+右傾化で孤立、てことです。これがもう確定していることなんじゃないかと。
でもこの投稿は状況を俯瞰的に見れるのでためになりました。

投稿: | 2014年2月17日 (月) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54397746

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領の「アジアへの旋回」戦略と「靖国」:

« 独裁が開始された年末 安倍晋三、菅義偉、岸田文雄、小野寺五典、仲井真弘多が勝手に決める政治 | トップページ | 「話し合いに応じれば歓迎だが、戦うのなら付き合ってやる」中国軍関係者 米中で戦争を煽る人たちhttp://sankei.jp.msn.com/world/news/131224/chn13122421310007-n1.htm »