« 堤未果 アメリカから自由が消える 謎の品切れ状態 | トップページ | 猪瀬直樹過剰報道 隠されたのは「特定秘密は警察官僚と米国が決める」という現実 »

2013年12月17日 (火)

堤未果『アメリカから<自由>が消える』読了 まさに今、日本で起きていること

 堤さんの本にTシャツの文字を理由に

 下院前にいた反戦活動家が逮捕される話が出てきます。

 私も園良太さんの裁判でTシャツの文字を理由に排除。

 傍聴を希望していたのに裁判所敷地内に入れませんでした。

 平和的なデモを政府に雇われた人たちが囲む話。

 在特会です。

 在特会の育ての親(のちにヘイトスピーチを理由に離脱)は、

 公安警察から金をもらっていたことを認めています。

 抗議の人数が「反原連」>「在特会」だから支配層の企みは失敗しています。

 金曜官邸前抗議行動の人数を維持しなければいけません!

 今後は、参加してから不正選挙抗議に移ります。

「まだ希望はあるんだ」という堤さんの本はちょっと泣けるね。

|

« 堤未果 アメリカから自由が消える 謎の品切れ状態 | トップページ | 猪瀬直樹過剰報道 隠されたのは「特定秘密は警察官僚と米国が決める」という現実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/54291931

この記事へのトラックバック一覧です: 堤未果『アメリカから<自由>が消える』読了 まさに今、日本で起きていること:

« 堤未果 アメリカから自由が消える 謎の品切れ状態 | トップページ | 猪瀬直樹過剰報道 隠されたのは「特定秘密は警察官僚と米国が決める」という現実 »