« 1940年代 3人の医師により18人の一般市民にプルトニウムが注射された 山下俊一は悪魔の医師団の末裔だ! | トップページ | <(科学者たちの関心は)この患者たちがプルトニウムを体に抱えてどれぐらい長く生きられるかを知ることと、患者が死んだあと、体の器官や遺体をどうやって手に入れるかということだけ>プルトニウム人体実験 »

2013年9月 7日 (土)

<亡くなった患者の墓を掘り起こそうと考えた科学者たちは、遺族を欺くことさえしていたのである>プルトニウム人体実験

<一九七三年六月九日の夕方、エルマーとフレドナはシカゴ行きの夜汽車”テキサス・チーフ”号の第一六三五車の特別個室に座っていた。>

<エルマーもフレドナも主治医も、それまで機密だった文書が一年後に明るみに出るまで、その旅行の本当の目的を知らなかった。同じく、彼らよりかなり前にプルトニウムを注射されたイーダ・シュルツ・チャールトンとジョン・ムッソも、事情を知らずに追跡検査を受けていた。追跡検査とは、尿と便と血液を採取し、化学分析するのである。記録によれば、亡くなった患者の墓を掘り起こそうと考えた科学者たちは、遺族を欺くことさえしていたのである。>

(前出『プルトニウム人体実験』)

|

« 1940年代 3人の医師により18人の一般市民にプルトニウムが注射された 山下俊一は悪魔の医師団の末裔だ! | トップページ | <(科学者たちの関心は)この患者たちがプルトニウムを体に抱えてどれぐらい長く生きられるかを知ることと、患者が死んだあと、体の器官や遺体をどうやって手に入れるかということだけ>プルトニウム人体実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/53177165

この記事へのトラックバック一覧です: <亡くなった患者の墓を掘り起こそうと考えた科学者たちは、遺族を欺くことさえしていたのである>プルトニウム人体実験:

« 1940年代 3人の医師により18人の一般市民にプルトニウムが注射された 山下俊一は悪魔の医師団の末裔だ! | トップページ | <(科学者たちの関心は)この患者たちがプルトニウムを体に抱えてどれぐらい長く生きられるかを知ることと、患者が死んだあと、体の器官や遺体をどうやって手に入れるかということだけ>プルトニウム人体実験 »