« 半沢 勝ったのに 出向? | トップページ | グレゴリー・ヤツコ登場 »

2013年9月23日 (月)

バッテリーを運ばず、送電線鉄塔を建て直していた東京電力 これは犯罪 #原発

 いわき市の港にバッテリー1000個が届いたのが

 2011年3月13日深夜。

『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞社)より

 14日午前一時ごろ。武藤栄副社長の言葉。

<今やってる大熊線3L、4Lと、その夜の森線の復旧をともかく可及的速やかにやっていただく>

<今、一生懸命水入れてる2号機だって最後は冷えなくなるわけで、この2号機を最後救うためには海水系生かさなきゃしょうがない>

 槌田敦さんはこう指摘する。

「バッテリーで高圧炉心冷却系を動かせば、2号機は救われていた」

 鉄塔建て直し、外部電源復活に東電は8日間を要した。

 東芝製バッテリー1000個をいわき市まで運んだドライバーは、

 おそらく、現場に行くことを拒否した。

 単純かつあほらしく、かつ悲しい現実。

 東電、東芝の社員は大型免許を持っていない。

 でもね、このとき、東電福島第一原発敷地内には、

 約800人の作業員がいたわけだから、

 ガソリンさえあれば、自家用車でバッテリーを運べたのではないか?

 菅直人の指示。

「ヘリコプターでバッテリーを運べ!」

 この言葉がますます正しいと思えてくる。

|

« 半沢 勝ったのに 出向? | トップページ | グレゴリー・ヤツコ登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/53354331

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーを運ばず、送電線鉄塔を建て直していた東京電力 これは犯罪 #原発:

« 半沢 勝ったのに 出向? | トップページ | グレゴリー・ヤツコ登場 »