« 報道ステーション 甘利明は「日本なんかどうなってもいいんだ!」と叫んでテレ東のインタビューから逃亡!テレ朝に抗議を! | トップページ | 使用済み核燃料の表面線量はなんと10000シーベルト!http://www.remnet.jp/lecture/b07_01/5_3.html »

2013年9月 4日 (水)

驚愕!汚染水タンクで2・2シーベルト!ウラン、プルトニウムの塊がそこにあるってこと?

 汚染水タンクの低部。5センチ離れたところで

 2・2シーベルト!?

 これは7月23日に計測した4号機5階中央部の

 2・17シーベルトに一致する値です。

 そこに何があるのか?

 東京電力もマスコミも一切、公表しません。

 言えるのは、冷却を続けると、

 立ち入り禁止区域がどんどん増えていくということ。

|

« 報道ステーション 甘利明は「日本なんかどうなってもいいんだ!」と叫んでテレ東のインタビューから逃亡!テレ朝に抗議を! | トップページ | 使用済み核燃料の表面線量はなんと10000シーベルト!http://www.remnet.jp/lecture/b07_01/5_3.html »

コメント

政府は汚染水問題を解決できる技術を既に持っている。

ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

ttp://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/a614779c0fb09de38540b4e86e5c99da

去年11月にケッシュ財団から政府に渡された技術を使えば汚染水は太平洋に流出したものを含めて浄化可能。
解決するのに何十年何百年もかかることもなく、今の世代が生きているうちに全て解消する。破壊された生態系も回復出来る。
ケッシュ財団の技術だけが汚染水問題を根本的に解決しうる能力を持っている。

投稿: erstea | 2013年9月 5日 (木) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/53141980

この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕!汚染水タンクで2・2シーベルト!ウラン、プルトニウムの塊がそこにあるってこと?:

« 報道ステーション 甘利明は「日本なんかどうなってもいいんだ!」と叫んでテレ東のインタビューから逃亡!テレ朝に抗議を! | トップページ | 使用済み核燃料の表面線量はなんと10000シーベルト!http://www.remnet.jp/lecture/b07_01/5_3.html »