« 福島第一原発3号機<念のために、ほう酸水注入については、いつでも開始できる体制を整えております。>東京電力 | トップページ | 3号機5階の線量は3月比で4倍以上に 何が起きているのか!? »

2013年7月27日 (土)

これが世界の常識「3号機の燃料は1マイル先まで飛散した」しかし、日本の事故調は無視

The document also suggests that fragments or particles of nuclear fuel from spent fuel pools above the reactors were blown “up to one mile from the units,” and that pieces of highly radioactive material fell between two units and had to be “bulldozed over,” presumably to protect workers at the site. The ejection of nuclear material, which may have occurred during one of the earlier hydrogen explosions, may indicate more extensive damage to the extremely radioactive pools than previously disclosed.

文書はまた、反応炉上部にある使用済み燃料プール内の核燃料の破片や粒子が「3号機から1マイルも」吹き飛ばされ、高い放射性物質の断片が3号機と4号機間に落下しているので、現場作業員の保護にはおそらく「ブルドーザーによる地ならし」を必要としていたと示唆している。初期の水素爆発中に発生した核物質噴出は、従来公開された以上に、極めて放射性の高いプールに対して、より広範囲な損傷を与えたことを示している可能性がある。

ニューヨークタイムズ 2011年4月5日

米原子力規制委員会(NRC)による福島原発についての、3月26日付けの秘密評価書と関連インタビューに基づく記事

|

« 福島第一原発3号機<念のために、ほう酸水注入については、いつでも開始できる体制を整えております。>東京電力 | トップページ | 3号機5階の線量は3月比で4倍以上に 何が起きているのか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/52631352

この記事へのトラックバック一覧です: これが世界の常識「3号機の燃料は1マイル先まで飛散した」しかし、日本の事故調は無視:

« 福島第一原発3号機<念のために、ほう酸水注入については、いつでも開始できる体制を整えております。>東京電力 | トップページ | 3号機5階の線量は3月比で4倍以上に 何が起きているのか!? »