« 不正選挙糾弾はここからが勝負! コシミズの「お祭り」は終わった マスコミは動かない | トップページ | 不正選挙!(ムサシの)投票機の異常により404枚の投票カードで複数回にわたり投票の記録が行なわれ、619回余分に投票を記録した »

2013年2月17日 (日)

不正選挙! 不正選管「ムサシ」の前科 約1億円で岐阜県可児市と和解 メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html

 選挙に機械を使うな!!

 この声を国民運動にしなければならない。

 2003年7月20日。岐阜県可児市で電子投票が行なわれた。

 市議会議員選挙の有権者数は72144人。電子投票の前例は4件あったが、可児市議選はわが国における最も大規模な電子投票選挙となった。

 機械のシステムも前例とはまるで違った。

 前例は「スタンド・アローン方式」。有権者はタッチパネルで投票するが、投票機はネットワークにつながっていない。記憶媒体を機械から取り出し、開票所に運んでからコンピュータと接続するというやり方だった。

 ここに「不正選管」(とネットで呼ばれている)企業「ムサシ」が登場。

「ムサシ」は無謀にも「クライアント・サーバ方式」の投票機を「民主主義国」日本に史上初めて持ち込んでしまうのだ。

 投票端末とサーバをネットワークで接続し、投票が行なわれると、端末から投票データを送信し、サーバで一括処理するシステムだが……。

 サーバ内の記憶媒体がMO!

 MOが加熱し保護機能が作動!

 すべての投票所で最長40分程度、投票できない状態となった。

 ある投票所では、通算1時間23分も機械が止まってしまったのだ。

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

↑ つづきはメルマガで

|

« 不正選挙糾弾はここからが勝負! コシミズの「お祭り」は終わった マスコミは動かない | トップページ | 不正選挙!(ムサシの)投票機の異常により404枚の投票カードで複数回にわたり投票の記録が行なわれ、619回余分に投票を記録した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/49465089

この記事へのトラックバック一覧です: 不正選挙! 不正選管「ムサシ」の前科 約1億円で岐阜県可児市と和解 メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html:

« 不正選挙糾弾はここからが勝負! コシミズの「お祭り」は終わった マスコミは動かない | トップページ | 不正選挙!(ムサシの)投票機の異常により404枚の投票カードで複数回にわたり投票の記録が行なわれ、619回余分に投票を記録した »