« NHKニュースウオッチ9が報道しない「カダフィ派残党」 アフリカの怒りは空爆では消えない! | トップページ | 日揮の社員を助けなかったら、我が祖国、日本の存在意義は「閉店ガラガラ」です »

2013年1月18日 (金)

世界「プロパガンダ」会議進行中! ロスチャイルド所有「ロイター」は「人質解放」アルジャジーラは「人質死亡」

 無料予想! 両方ともウソです。

 アルジャジーラは所有者が変わって、

 リビア「アラブの春」報道でウソをつき通しました。

 アメリカがどう出るか、に注目です。

 わしは「アメリカにはもう、戦争するカネがない」とみています。

 だから、リビア、マリではフランスに外注。

 世界は今、真っ二つなのです。

 アメリカが「反米国家」をどんどこ「作り変え」。

 エジプト、リビア、シリア、不正選挙の日本。

 怒りのマグマが世界にどんどこ蓄積されています。

 一方で、経済成長を続ける中国、インド、ロシア、ブラジル、

 アルゼンチン、ベネズエラ、南アフリカ……。

 世界の半分は好景気なのです。

 重要なのは、好景気の半分の国で

「貿易、輸出、輸入にドルをつかうのをやめよう」

 という同意がどんどこ成立していることです。

「泥棒経済」100年が終わろうとしているんです。

 ボーイング787のニュースも連動しています。

 ボーイング社は倒産寸前。日本に欠陥機「オスプレイ」を

 売りつけることで延命を図っている状態です。

 ボーイング社が倒産すれば、米軍産複合体が崩壊します。

 アメリカの最後のあがきは、失敗の連続です。

 イラク戦争で信用を失う。

 リビアでの史上最大の蛮行は、

「要人暗殺の連鎖」という泥沼しか生み出していません。

 自民党政権打倒!!

 希望を持っていきましょう!!

 メルマガを読んでください。

 月曜発売号は「豊島区選管インタビュー詳細」。

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« NHKニュースウオッチ9が報道しない「カダフィ派残党」 アフリカの怒りは空爆では消えない! | トップページ | 日揮の社員を助けなかったら、我が祖国、日本の存在意義は「閉店ガラガラ」です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/48806063

この記事へのトラックバック一覧です: 世界「プロパガンダ」会議進行中! ロスチャイルド所有「ロイター」は「人質解放」アルジャジーラは「人質死亡」:

« NHKニュースウオッチ9が報道しない「カダフィ派残党」 アフリカの怒りは空爆では消えない! | トップページ | 日揮の社員を助けなかったら、我が祖国、日本の存在意義は「閉店ガラガラ」です »