« 「国民に知恵がついてきているので外交がやりにくくなってきている」竹内行夫外務省北米局長 | トップページ | 「工程表なき反原発は自己満足に過ぎない」猪瀬直樹 これもアメリカからの指令? 唾棄すべきプロパガンダ! #報道ステーション  »

2012年12月11日 (火)

「イスラエルとパレスチナの紛争は日本の手に負えるものではない。日本は何か貢献しているふりをしていればいいのだ」阿部信康サウジ大使

『さらば外務省!』より。

<第三次中東戦争によってイスラエルが占領した全地域からのイスラエル軍撤退を要求する>

<パレスチナ人の正当な権利を承認し尊重する>

 田中角栄「新中東政策」。

 発表後に立花隆「田中金脈の研究」

 アメリカ発のロッキード事件。

 立花は未だ原発推進派です。

 選挙にGO!

|

« 「国民に知恵がついてきているので外交がやりにくくなってきている」竹内行夫外務省北米局長 | トップページ | 「工程表なき反原発は自己満足に過ぎない」猪瀬直樹 これもアメリカからの指令? 唾棄すべきプロパガンダ! #報道ステーション  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/48290732

この記事へのトラックバック一覧です: 「イスラエルとパレスチナの紛争は日本の手に負えるものではない。日本は何か貢献しているふりをしていればいいのだ」阿部信康サウジ大使:

« 「国民に知恵がついてきているので外交がやりにくくなってきている」竹内行夫外務省北米局長 | トップページ | 「工程表なき反原発は自己満足に過ぎない」猪瀬直樹 これもアメリカからの指令? 唾棄すべきプロパガンダ! #報道ステーション  »