« 原発再稼動、領土問題、「北のミサイル」プロパガンダ すべてを仕組んでいる「日本の王様」は誰? | トップページ | 荻窪駅北口 »

2012年12月14日 (金)

「日本が「原発ゼロ」に走れば、米国の核不拡散戦略のパートナーではなくなる。日米同盟にヒビが入り、国益を損ないかねない」読売社説 そこをはっきり書け!

 日本政府は脅されている!

Photo_2

 ウィリアム・ペリー 「黒船」ペリー提督の子孫

Photo_3 

 ロックフェラー一族

Photo_4

 米軍産共同体のボス、ノーマン・オーガスティン

 こんな連中に。

 原発と核不拡散をつなぐのはプルトニウム。

Photo_5

 ここに「解体核MOX」が入っていますよね。

 しかし、実際は旧ソ連、核弾頭を総とっかえした米国の

 解体核プルトニウムで発電は行なわれていません。

 映画などではプルトニウムが20億ドルとか、

 法外な値段で闇取引されますが、大ウソ。

 プルトニウムには値段がない。

 値段がないということは買う人がひとりもいない、ということ。

 プルトニウムを「買います」と言っているのは日本人だけなんです。

Photo_6

 これはプルトニウム処理場の爆発なのです。

 敷地内でプルトニウムが検出され、

 NHKは2時間のタイムラグののち、

「北朝鮮の話」から入る奇妙な報道。

「プルトニウムは核兵器に使われる物質です」

 隠された意図は、「米の核不拡散体制」でしょう。

 MOX燃料による発電が日本で始まったとたんに大爆発。

 解体核MOX燃料によるプルトニウムの消費。

 このビジネスに米、日、英、仏、加などは、

 いったい、いくらの先行投資をしたのでしょう。

 結局、日本は核保有国のゴミ処理担当。

 この世界、発狂している。

 メルマガを読んでください↓

http://www.mag2.com/m/0001577514.html

|

« 原発再稼動、領土問題、「北のミサイル」プロパガンダ すべてを仕組んでいる「日本の王様」は誰? | トップページ | 荻窪駅北口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/48320522

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本が「原発ゼロ」に走れば、米国の核不拡散戦略のパートナーではなくなる。日米同盟にヒビが入り、国益を損ないかねない」読売社説 そこをはっきり書け!:

« 原発再稼動、領土問題、「北のミサイル」プロパガンダ すべてを仕組んでいる「日本の王様」は誰? | トップページ | 荻窪駅北口 »