« 取られた地べたを取り戻そう! 今日は13時から日比谷公園、公会堂前にいます 「再稼動反対!」を叫びましょう! | トップページ | 日比谷公園 »

2012年11月11日 (日)

日米関係 TPPの真実とは? 菅直人は未だTPP参加に賛成 石原慎太郎はTPP反対

 鳩山由紀夫と小沢一郎はアメリカに殺された。

 鳩山が何度懇願してもオバマは会おうともしなかった。

 米高官は鳩山を「ルーピー」と呼ぶプロパガンダを展開。

 市民運動家だった菅直人が総理大臣になれたのはなぜか?

 菅直人は今でもTPP参加に賛成している。それが答え。

 じゃあ、今の政局は? これがわけわかんない!

 野田はTPP参加を公約に。民主党は支持を失う。離党者も出る。弱る。

 アメリカは橋下徹を選んだのかと思ったけど、どう?

 石原、立ち上がれ日本はTPP反対。

 石原とだけ野合しようとする橋下も政策的矛盾を抱え、弱る。

 自民党はTPP賛成とは言えない。弱る。

 考えられるのは、アメリカは全員を弱らせている?

 もしくは、日本のことを1ミリも考えなくなった?

 アメリカは日本よりももっと弱っているのかもしれない。

 恐ろしいのはノスタルジーによる自民回帰だけど、それもないのでは?

 で、マスコミは、「国民連合」をまったく無視したままなんですよ。

 国民の生活が第一も弱る。

 もし、この状況を操っているやつがいるとしたら、

 そいつは日本から民主主義を消したいのかもしれない。

 民主主義なし、独裁なし、強い意思を持つ指導者もなし。

 小沢もTPPについてははっきりしないし。

 ウエルカム混沌!! 日本人はバカじゃない!!

|

« 取られた地べたを取り戻そう! 今日は13時から日比谷公園、公会堂前にいます 「再稼動反対!」を叫びましょう! | トップページ | 日比谷公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米関係 TPPの真実とは? 菅直人は未だTPP参加に賛成 石原慎太郎はTPP反対:

« 取られた地べたを取り戻そう! 今日は13時から日比谷公園、公会堂前にいます 「再稼動反対!」を叫びましょう! | トップページ | 日比谷公園 »