« 首相官邸前 | トップページ | BS-1「エネルギーシフト」 猪瀬直樹さんが視察に行ったら風力発電のプロペラが動いていない(笑) メガソーラー行ったけど曇り(笑) 枝廣淳子さんの金主は東電(笑) »

2012年11月 3日 (土)

青森MOX燃料工場の写真公開 ここが「米ソ冷戦」「核弾頭」の墓場です

Photo

 これがこの国の狂気の現場です。

「原発ゼロ」政策なのに、建設続行。なぜだ!?

 日本がアメリカの植民地だからです。

 ここに運び込まれるのはまず、ソ連の解体核弾頭から

 抽出されたプルトニウムと高濃縮ウランです。

 映画『エクスペンダブル2』も旧ソ連のプルトニウムをめぐる物語。

 最悪のテロリスト、ジャン・クロード・ヴァンダムが

 プルトニウムを空港から運び出そうとしているとき、

 スタローン、シュワルツェネッガー、ウィルス3巨頭が

 銃を撃ちまくって地球の危機を救う。

 プルトニウムの管理こそが今、世界的課題なのです。

 クリントンは旧ソ連のプルトニウムを買い取って

 地中に埋める計画だったけど、これが頓挫。

 妻のヒラリーはMOX燃料にして発電する計画をスタートさせます。

 でも、これもうまくいってないんだなあ。

 そこで、植民地である日本にプルトニウムを売る、

 という計画がスタート。それが六ヶ所村のMOX燃料工場です。

 日本人の技術力に賭けているわけですが、とんでもねーよ!!

 フルMOX原発である大間の建設再開もアメリカのビジネス。

 アメリカと闘える日本の政治家は一人もいません。

 今日も米大使館で抗議があったようですね。

 絶望? いや、声を上げていきましょう!!

|

« 首相官邸前 | トップページ | BS-1「エネルギーシフト」 猪瀬直樹さんが視察に行ったら風力発電のプロペラが動いていない(笑) メガソーラー行ったけど曇り(笑) 枝廣淳子さんの金主は東電(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森MOX燃料工場の写真公開 ここが「米ソ冷戦」「核弾頭」の墓場です:

« 首相官邸前 | トップページ | BS-1「エネルギーシフト」 猪瀬直樹さんが視察に行ったら風力発電のプロペラが動いていない(笑) メガソーラー行ったけど曇り(笑) 枝廣淳子さんの金主は東電(笑) »