« 電力会社の社債発行のためだけに大飯原発は再稼動されたのです!! 発狂した国家。どう生きたらいい? | トップページ | 「このままでは米軍に占領されてしまうぞ」という菅直人の謎の発言! 4号機だけ消火活動に参加した米軍! 日本に飛んできたヒラリー・クリントン »

2012年8月28日 (火)

再稼動した大飯原発はロシア、アメリカの「核兵器」で発電している!! 2003年のウラン供給の20%近くが「軍」から出ている!!

Photo

 これが表にまったく出てこないグラフです。

「在庫取り崩し」がなぜ「供給」なのか、というのが最初の疑問。

 2001年。ブッシュが突如、「原発推進」を言い出したとき、

 ウランは世界中で余りまくっていたことを示しています。

 2000年末には「1ポンド7ドル」の安値。ここまではわかります。

023

 ウラン価格はなぜ、狂ったように高騰したのでしょうか?

 グラフの「ロシアLEU輸出」というのは、ロシア「軍」からのもの。

 LEUとは低濃縮ウラン。ソ連はものすごい量の

 核兵器用高濃縮ウランを作り備蓄していたのです。

 それを希釈して原発用核燃料にして世界中に売る。

 これがロシアのビジネス。さらに年50トンをアメリカに売る。

 アメリカはソ連の核弾頭を解体し、高濃縮ウランを抽出。

 それを希釈して原発用核燃料にして世界中に売る。

 2003年。驚くべきことにウラン供給の20%近くが、

「軍」から市場へと流れたものだったのです!!

 この「軍製ウラン」の流入がウランの価格を暴落させた。

 ここから壮大な詐欺が始まります。

「原発は地球温暖化を防ぐ有力な選択肢」

 このとんでもないウソは「軍の要請」ででっち上げられた!!

「軍製ウラン」ビジネスのボスはヒラリー・クリントンです。

 仲間のアル・ゴアが映画『不都合な真実』で布教活動開始。

「今、世界には300基の原発新設計画がある」

 このとんでもないウソも「軍の要請」ででっち上げられた!!

 東芝が買収したウエスティングハウス社とは何か?

「原発建設から安定したウラン燃料供給まで」

 世界最大の原発用燃料販売網を持つ会社です。

 日本を代表する「モノづくり」企業、東芝が、

 ロシア軍、米軍の「放出品」を売っているのです!!

 そこに破局が起きた!!

|

« 電力会社の社債発行のためだけに大飯原発は再稼動されたのです!! 発狂した国家。どう生きたらいい? | トップページ | 「このままでは米軍に占領されてしまうぞ」という菅直人の謎の発言! 4号機だけ消火活動に参加した米軍! 日本に飛んできたヒラリー・クリントン »

コメント

そして今度は、
日本の未使用核燃料と再処理核燃料を、
新規原発導入国を煽って
売りつけるのですかね。

投稿: | 2012年8月28日 (火) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/46852929

この記事へのトラックバック一覧です: 再稼動した大飯原発はロシア、アメリカの「核兵器」で発電している!! 2003年のウラン供給の20%近くが「軍」から出ている!!:

« 電力会社の社債発行のためだけに大飯原発は再稼動されたのです!! 発狂した国家。どう生きたらいい? | トップページ | 「このままでは米軍に占領されてしまうぞ」という菅直人の謎の発言! 4号機だけ消火活動に参加した米軍! 日本に飛んできたヒラリー・クリントン »