« 今年は異常に寒かったことをなぜ、ぶっちぎりTVは言わないのか!? チェコで-39・4℃! ドナウ川が凍りついた! | トップページ | 日本人は一体、いくつのことに抗議しなければならないのでしょう? 原発、消費増税、TPP、ACTA、韓国、中国、ロシア……。これもまた「スピン」なのでは? »

2012年8月25日 (土)

ジャーナリズムの劣化を示す「日経記者と検察幹部の密談」。「それでええやろ」とは!? もう、この国は本当にダメです!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000553-san-soci

 記事の作成過程はこうだと思います。

 記者会見で検察幹部は「接待」の事実を公表しない。

 記者クラブの「噂」としてだけの「接待」。

 検察が証拠をつかんでいないから公表できない。

 しかし、検察は「絶対に立件する」と決めている。

 そこで問題の日経記者が「指名」されます。その理由は、

「前は読売にネタをやったから、次は日経あたりでどや?」

 ぐらいのもんだと思います。

 日本の記者の「有能さ」は「指名」をいくつもらえるかで決まる。

「指名」獲得のために各社の記者は「検察の犬」となって、

 各方面を嗅ぎ回る。市長のマイナスなネタを検察に献上。

 検察に「借りがあるな」と思わせて特ダネを狙う。

 日経記者は「借り」を作っていたんでしょう。

 そこで検察と日経記者の「談合」です。

「談合事件」の記事をでっち上げるために

「談合」をするんだから、あきれてものも言えません。

記者「市長は接待攻勢なんかなかったと言ってます」

検察「そんなことはないやろ」

記者「複数回会っている、と書いていいんですか?」

検察「それでええやろ」

 権力を監視するはずのマスコミが、

 権力に指図されてウソ(特ダネ)を書く。

 検察が「なにがなんでも有罪にする」と決めた人間は、

 99%有罪になっている。こんな先進国は日本しかない!

 小沢一郎が控訴されている異常をマスコミは誰も書かない。

 取材源の秘匿の原則を破って、日経記者が

「検察との会話メモ」を裁判所に提出!?

 脳みその上半分ぐらいが露出し、溶融しているのでは?

 記者の心理を無理やり、想像すればこうなります。

「国の言うとおりにやったのだから、ぼくには責任はない」

「支配層の意向どおり動いたのだから、ぼくが逮捕されることはない」

 原発事故の構図とまったく同じです。

 こんな新聞が列島各地に配られている。

 すでに日本列島は大汚染されていて、

 さらに、セシウムが大量に降ってきたのです!

|

« 今年は異常に寒かったことをなぜ、ぶっちぎりTVは言わないのか!? チェコで-39・4℃! ドナウ川が凍りついた! | トップページ | 日本人は一体、いくつのことに抗議しなければならないのでしょう? 原発、消費増税、TPP、ACTA、韓国、中国、ロシア……。これもまた「スピン」なのでは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリズムの劣化を示す「日経記者と検察幹部の密談」。「それでええやろ」とは!? もう、この国は本当にダメです!!:

« 今年は異常に寒かったことをなぜ、ぶっちぎりTVは言わないのか!? チェコで-39・4℃! ドナウ川が凍りついた! | トップページ | 日本人は一体、いくつのことに抗議しなければならないのでしょう? 原発、消費増税、TPP、ACTA、韓国、中国、ロシア……。これもまた「スピン」なのでは? »