« 東芝のウェスティングハウス買収が、なぜ、失敗だったのか!? 「天才企業」WHから見れば、日本人はエコノミック・アニマル、イエロー・モンキーだった!? | トップページ | 住友商事も罪深い。先住民の被曝労働、除染問題が解決していないのにニューメキシコで新たなウラン採掘!? 2013年から日本の原発向け!? »

2012年7月 9日 (月)

「地球温暖化」詐欺の第一の目的は火力発電所をやめさせること。第二が原子力発電所建設です

 世界情勢が真っ二つになっています。

 石油はかつて「セブンシスターズ」が支配していました。

 エクソン、モービル、シェブロン、ガルフ、BP、シェル……あれ、ひとつ足らん(笑)。

 ロックフェラーとロスチャイルドが「闇カルテル」で支配していた。

 ところが今は!?

 ガスプロム、マレーシア国営石油、イラン国営石油、中国国営石油、ウーゴ・チャベス国営石油(笑)、ブラジル国営石油……あれ、また、ひとつたらんなあ。

 これが「新セブン・シスターズ」です。ほぼ反米国家。

 ロシアは安い石油、天然ガスを供給することで「反米連合」を作っています。

 デフォルト(国家破産)したアルゼンチンが今、景気がいいのは、

 チャベスのベネズエラから安い石油をもらっているからです。

 世界は多極化などしていない。はっきり二極化です。

 田中角栄など、昔の政治家は「第三世界」と連帯しようとしてきた。

 今で言えばロシアにつく政策。

 景気だけを考えたらどうでしょう?

 わしはロシアが大嫌いですが、

 ロシアと連携すれば日本の景気か確実に良くなります!!

|

« 東芝のウェスティングハウス買収が、なぜ、失敗だったのか!? 「天才企業」WHから見れば、日本人はエコノミック・アニマル、イエロー・モンキーだった!? | トップページ | 住友商事も罪深い。先住民の被曝労働、除染問題が解決していないのにニューメキシコで新たなウラン採掘!? 2013年から日本の原発向け!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/46252354

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球温暖化」詐欺の第一の目的は火力発電所をやめさせること。第二が原子力発電所建設です:

« 東芝のウェスティングハウス買収が、なぜ、失敗だったのか!? 「天才企業」WHから見れば、日本人はエコノミック・アニマル、イエロー・モンキーだった!? | トップページ | 住友商事も罪深い。先住民の被曝労働、除染問題が解決していないのにニューメキシコで新たなウラン採掘!? 2013年から日本の原発向け!? »