« 首相官邸前 | トップページ | 「原発いらない」とは何か? 日本人の半分を路頭に迷わせることです! わかって言うべき! »

2012年6月 5日 (火)

地球温暖化詐欺 学術会議「IPCC」シンポジウムでの横山広美東大准教授と新聞記者との連係プレー

 2010年4月。「クライメートゲート事件」を受け、

 日本学術会議が公開シンポジウムを行いました。

 この筆記録は国会図書館にも存在しません!

 隠蔽されたのです! なぜか?

 シンポには、気候学と無関係な門外漢、

 横山広美東大准教授が参加してこう言ったからです。

「日本ではこうしたことが報じられないわけですが、私自身は、日本のメディアの見識ではないか、と思っております」

「日本のメディアの皆さんを高く評価したいと思っています」

 さすがに会場から反論が出ました。東レの社員が、

「江戸時代の『知らしむべからず。依らしむべし』。日本のメディアは、そんな意識で報道しなかったのか?」

 横山准教授は困って、

「取材に来ていらっしゃる毎日新聞の江口さんなどどうでしょうか?」

 新聞記者はこう答えます。

「ニュースだと思うんですけど、非常に分厚いIPCCの報告書の中でみると、まあ、なんというか、非常に瑣末な、と言ったら怒られますけど、非常に小さな部分の誤り、というかミスだと認識しております」

 横山准教授「日本経済新聞のイケベさんはどうですか?」

「ずうっと、日本のメディアというのは、温暖化キャンペーンというのを激しく行っていたので、まあ、もう、いったん、そういう風に会社の方針等で向きを決めてしまうと、なかなか、それに対する異論というのはやりづらい」

「会社の方針」があるから、ジャーナリストはウソをつく。

 そういうことですよね?

 新聞に1円の金も支払ってはいけません!

|

« 首相官邸前 | トップページ | 「原発いらない」とは何か? 日本人の半分を路頭に迷わせることです! わかって言うべき! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/45545220

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化詐欺 学術会議「IPCC」シンポジウムでの横山広美東大准教授と新聞記者との連係プレー:

« 首相官邸前 | トップページ | 「原発いらない」とは何か? 日本人の半分を路頭に迷わせることです! わかって言うべき! »